アジア杯、日本代表選手たちの腕時計事情はHUBLOTが多い

前回の記事で書いた、長谷部選手のロレックススーパーコピー好きは僕にとって少し意外でした。さて2019年1月AFCアジアカップの決勝トーナメント真っ只中。今回は売出し中の堂安律選手、大迫選手、吉田麻也、乾選手などにスポットを当てて書いてみます。しかしほとんどがオフィシャルブランドのHUBLOTでした。このニュース、私は気がつきませんでした。HUBLOTのInstagramを見逃していましたね。堂安律選手は兵庫県出身、個人的にはU-20ワールドカップの予選最終戦のイタリア戦でのドリブルゴールが忘れられません。昨年の12月にHUBLOTとどのような契約かは不明ですが、おそらくアンバサダーでは無いかと推測できます。
いずれにしても20歳という若さ、それとオランダでの活躍が日本以上に「若きホープ」として高く評価されている証です。CEOリッカルド・グアダルーペと公式Instagramに出ること自体凄いですね。ブレーメンという、日本人に縁がある(奥寺康彦氏がかつて所属)クラブに加入したこと、またブンデスの中でも上位クラブに移籍ということで単純に「凄い」、と思いました。現在アジアカップに参戦中のため2019年1月29日時点で、リーグ戦は14試合出場の3得点の成績です。この成績を現時点で判断するのは難しいです。しかし僕はアジア杯の中断がある中、14試合中先発が11試合という成績を残していることはクラブ、監督から共に信頼され、戦力とみなされいてる証と考えられます。FWというポジションは成績が下降した場合、真っ先に槍玉にあがるポジション、また入れ替わりも多く、ヨーロッパでも比較的フィジカルが求めれらるリーグの複数のクラブで、これだけ長期間レギュラーで居られることは凄いことです。多分日本代表のオフィシャルウォッチのビッグバン・ブルー ヴィクトリーと思われます。大迫選手は他の代表選手と違い、あまり自分の情報をほとんど発信しません。
黙ってゴールを決める、ストライカーです。高校時代の今や、あまりにも有名なセリフ、「大迫半端ない」という頃から見てました。高校時代はどちらかと言えば、テクニシャンでした。しかしドイツ行ってから、明らかにフィジカルが向上しました。ドイツ人相手にぶつかりに強くなり、高校時代からのテクニックでゴールをコンスタントにあげていることは理解できます。

世界最古の腕時計メーカーはどっち?

ウィキペディアによりますと、『ブランパンスーパーコピー』と『ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー』共に世界最古の時計ブランドと書かれています。これはなぜなのか、その真実を調べてみます。上の写真はブランパンスーパーコピーの創始者であるジャン・ジャック・ブランパンスーパーコピーです。公式HPには1735年には『世界最古の時計ブランドになります』と書かれています。こちらはヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー創業者、ジャン=マルク・ヴァシュロンです。公式HPでは1755年創業、『この雇用契約書をヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーの出生証明書とみなすことができ、こうして創業以来一度も系譜を絶やさず、また一度も第三者に経営を譲ることなく時を刻んできた世界最古のマニュファクチュールが誕生します。』となっています。公式HPの文面を見る限り、「一度も第三者に〜」という文面はブランパンスーパーコピーを意識しているのではないでしょうか?
過去に「世界最古」のフレーズの使用で他社と論争になった事があるかも調べてみました。これまでブランパンスーパーコピーとヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーの2社間で世界最古」のフレーズを巡り裁判や訴訟になった事はありません。しかしネットで、Philippe Du Bois &Fils(フィリップ・ドゥボワー)という時計ブランドと過去に法廷で争った事があるそうです。Philippe Du Bois &Fils(フィリップ・ドゥボワー)が世界最古というフレーズを使わないようにヴァシュロン社を訴えました。そのことに関して、ある時計ショップの店長さんが書いた、ブログでその「世界最古に関する記事」が書かれています。
その記事では1980年代にPhilippe Du Bois &Fils社がヴァシュロンに対して、世界最古の称号を使わない裁判を起こしたとされています。結果、ヴァシュロン社は裁判所から「世界最古」という肩書きを使う事を許されたされています。
しかし、なぜ裁判所はヴァシュロン社に「世界最古」の時計ブランドという肩書きを許したのでしょう?恐らく裁判所が重視したのは証明書の有無を重要したからでしょう。
ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーが1755年にジュネーブ市に残した「雇用契約書」はヴァシュロン社も重視している事がHPから感じます。

世界最古の腕時計メーカーはどっち?

ウィキペディアによりますと、『ブランパンスーパーコピー』と『ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー』共に世界最古の時計ブランドと書かれています。これはなぜなのか、その真実を調べてみます。上の写真はブランパンスーパーコピーの創始者であるジャン・ジャック・ブランパンスーパーコピーです。公式HPには1735年には『世界最古の時計ブランドになります』と書かれています。こちらはヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー創業者、ジャン=マルク・ヴァシュロンです。公式HPでは1755年創業、『この雇用契約書をヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーの出生証明書とみなすことができ、こうして創業以来一度も系譜を絶やさず、また一度も第三者に経営を譲ることなく時を刻んできた世界最古のマニュファクチュールが誕生します。』となっています。公式HPの文面を見る限り、「一度も第三者に〜」という文面はブランパンスーパーコピーを意識しているのではないでしょうか?
過去に「世界最古」のフレーズの使用で他社と論争になった事があるかも調べてみました。これまでブランパンスーパーコピーとヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーの2社間で世界最古」のフレーズを巡り裁判や訴訟になった事はありません。しかしネットで、Philippe Du Bois &Fils(フィリップ・ドゥボワー)という時計ブランドと過去に法廷で争った事があるそうです。Philippe Du Bois &Fils(フィリップ・ドゥボワー)が世界最古というフレーズを使わないようにヴァシュロン社を訴えました。そのことに関して、ある時計ショップの店長さんが書いた、ブログでその「世界最古に関する記事」が書かれています。
その記事では1980年代にPhilippe Du Bois &Fils社がヴァシュロンに対して、世界最古の称号を使わない裁判を起こしたとされています。結果、ヴァシュロン社は裁判所から「世界最古」という肩書きを使う事を許されたされています。
しかし、なぜ裁判所はヴァシュロン社に「世界最古」の時計ブランドという肩書きを許したのでしょう?恐らく裁判所が重視したのは証明書の有無を重要したからでしょう。
ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーが1755年にジュネーブ市に残した「雇用契約書」はヴァシュロン社も重視している事がHPから感じます。

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ コンビ・無垢 編

◼️2018年12月現在の相場◼️
【国内定価】1,749,600円(税込)
【並行店中古相場】1,600,000円〜1,700,000円前後
【並行店新品相場】1,750,000円〜1,880,000円前後まずは2016年発表、116503です。前モデル116523との大きな違いはベゼルのフォントです。タキメーターのフォントが太くなり、視認性が向上しました。文字盤バリエーションも豊富で、ノーマルダイアルは黒、白、シャンパンゴールドの3色となっています。一番人気は黒文字盤。次いでシャンパンゴールド、白文字盤と続きます。前回(9月)と比べて大きな変動はないものの、文字盤によって価格差が開いた印象です。◼️2018年12月現在の相場◼️
【国内定価】2,959,200円(税込)
【並行店中古相場】2,780,000円〜3,080,000円前後
【並行店新品相場】3,240,000円〜3,290,000円前後2017年発表のオイスターフレックス(ラバー)のデイトナ Ref.116515LN。ローズゴールドとラバーベルトの相性も良く、国内でも非常に人気のあるモデルです。

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ SSモデル 編

第7弾の超プレミア価格で推移し続けているSSデイトナRef.116500LNです。もはや恐怖すら覚える相場ですね。定価1,274,400円(税込)。市場相場がおかしな価格になっているので定価を知らない人も多いのではないでしょうか?正規店での購入はロレックススーパーコピーの中でもトップクラスの難易度です。まず手に入らないですね。少し前に116500LNの白を吉祥寺の東急百貨店で買えた夢を見ましたが、やはり夢でした。(そもそも吉祥寺の東急百貨店にはロレックススーパーコピーがない。。)正規店で買えた瞬間、100万ほどの利益が確定するのでそりゃみなさん血眼になって正規店巡りしますよね。私もデイトナ欲しいので家族で出かけた時などは近くの正規店を欠かさず覗いてみますが、まずありません。デイトナ マラソンなるものをしている方々とはそもそも本気度が違うので、私のように(あったら欲しいなぁ)くらいの気持ちではまず買えないので諦めました。少し話が逸れましが、早速SSデイトナの現在の相場をみていきましょう。

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! シードゥエラー 編

第6弾の今回は深海遠征用のツールとしてロレックススーパーコピーが開発した、極めて高い防水機能を備えたダイバーズウォッチ"シードゥエラー"です。現行モデルのシードゥエラーは2017年発表、126600赤シード(1,220m防水)、そして2008年発表、今年マイナーチェンジを果たしたディープシー 126660(3,900m防水)。今回はそんな現行シードゥエラーの現在の相場をチェックしていきたいと思います。前回の記事も併せてご覧ください。【型番】126600
【機械】自動巻き Cal.3235
【素材】ステンレス
【カラー】ブラック
【ケースサイズ】43mm
【防水性】1220m
【国内定価】1,166,400円(税込)
【備考】2017年発表◼️2018年12月現在の相場◼️
【国内定価】1,116,400円(税込)
【並行店中古相場】1,550,000円〜1,600,000円前後
【並行店新品相場】1,620,000円〜1,650,000円前後前モデルのシードゥエラー4000の40mmケースから一気に3mmもサイズアップし43mmとなった新型シードゥエラー126600。

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! ヨットマスターⅡ 編

第5弾の今回は、バーゼル2017で発表された新作、ヨットマスター2です。ロレックススーパーコピーが独自に開発・製造したレガッタクロノグラフムーブメントCal.4161を搭載。特許を取得したレガッタカウントダウン機能も搭載されております。ロレックススーパーコピーの歴史の中でも非常に優れた機械が搭載されているロレックススーパーコピー ヨットマスター2。今回はそんな現行ヨットマスター2の現在の相場を見ていきたいと思います。【型番】116680
【機械】自動巻き Cal.4161
【素材】ステンレススチール
【カラー】白
【ケースサイズ】44mm
【防水性】100m
【国内定価】1,922,400円(税込)
【備考】2017年発表◼️2018年12月現在の相場◼️
【国内定価】1,922,400円(税込)
【並行店中古相場】1,680,000円〜1,780,000円前後
【並行店新品相場】1,830,000円〜1,880,000円前後まずはSSモデルの116680。ホワイトダイアルに光沢のあるブルーセラミックベゼルの組み合わせは爽やかな印象ですね。44mmとスポーツモデルの中でもトップクラスに大きいケースサイズは迫力満点です。

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! ヨットマスター 編

【型番】116622
【機械】自動巻き Cal.3135
【素材】プラチナ×ステンレススチール
【カラー】ブルー
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【国内定価】1,188,000円(税込)
【備考】2012年発表◼️2018年12月現在の相場◼️
【国内定価】1,188,000円(税込)
【並行店中古相場】1,080,000円〜1,180,000円前後
【並行店新品相場】1,280,000円〜1,320,000円前後まずは2012年発表のヨットマスター 116622ブルー文字盤。エンボス加工が施されたプラチナベゼルはステンレスの上をいく高級感があり素敵ですね。プラチナベゼルを採用している分、定価は1,180,000円と高め。。海を連想させる鮮やかなブルーが人気の一本です。前回(9月)と比べても相場は上がっており、中古品でも定価近くの値をつけています。最近また少し数が減ったような気がします。【型番】116622
【機械】自動巻き
【素材】プラチナ×ステンレススチール
【カラー】ダークロジウム
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【国内定価】1,188,000円
【備考】2016年発表モデル

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! サブマリーナ 編

シリーズ第3弾の今回はロレックススーパーコピーが誇る本格ダイバーズウォッチ"サブマリーナ"です。300m防水のハイスペック機能にデザイン性の高いモデルで、ビジネスマンを中心に非常に人気の高いモデルとなっています。早速、現在の相場をチェックしたまいりましょう。前回(9月)の記事も併せてご覧ください。【型番】114060
【機械】自動巻き Cal.3130
【素材】ステンレススチール
【カラー】ブラック
【ケースサイズ】40mm
【防水性】300m
【国内定価】766,800円(税込)
【備考】2012年発表◼️2018年12月現在の相場◼️
【国内定価】766,800円(税込)
【並行店中古相場】880,000円〜970,000円前後
【並行店新品相場】1,020,000円〜1,050,000円前後2012年発表のサブマリーナ"ノンデイト"。とうとう並行新品価格が100万円を突破しました。中古の相場も80万円台後半から90万円台後半となっており、この3ヶ月でさらに高騰しています。2016年の夏に私が中古を購入した時は60万円くらいでしたので、今の相場には驚くばかりです。

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! GMTマスターⅡ編

【型番】116710LN
【機械】自動巻き Cal.3186
【素材】ステンレススチール
【カラー】黒
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【国内定価】864,000円(税込)
【備考】2007年発表◼️2018年12月現在の価格相場◼️
【国内定価】864,000円(税込)
【並行店中古相場】940,000円〜107,000円前後
【並行店新品相場】1,10,000円〜1,140,000円前後2007年発表、ロングセラーモデル116710LN。生産終了がささやかれているモデルという事もあり、前回(9月)と比べ、相場は大幅に高騰しております。以前は年式の古いモデルは80万円台でちらほら出回っておりましたが、今は90万円以上の値をつけています。日付が直近(2018年印)のものだと100万円オーバーは当たり前となっています。決して出回りが少ないわけではないですが今後も年明けにかけて上がっていくものと思われます。【型番】116710BLNR
【機械】自動巻き Cal.3186
【素材】ステンレススチール
【カラー】黒
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【国内定価】918,000円(税込)
【備考】2013年発表