ロレックスやIWC、高級時計を荷物として送る時の【損害保険加入の注意点】

もし、ロレックスがこんな状態で届いたら、ショックですよね。

荷物として時計を送る場合の注意点としては
①梱包を万全に施して破損防止を心がける
②信頼できる配送業者に輸送を依頼する
が挙げられます。荷物を保護するには梱包を万全に施すことが最も重要です。できるだけ、専用ボックス(購入時のメーカーの箱がおすすめ)を使う事です。メーカーのボックスはブレスを固定できる台が箱の中に付いています。これにより腕時計をしっかり固定した後に、箱の上からエアパッキン(写真のプチプチ)で覆う事で、衝撃から時計本体を守り、破損を防ぎます。しかしこれだけ対策をしても、時計が壊れる場合があります。
配送上の過失(落下破損など)で梱包の上から明らかな凹みや破けがあり破損がある時は、運送会社の責任となる事がほとんどです。そのため、運送会社は自社で加入している【賠償責任保険】を使って、送り主に損害を補償します。宅配便の伝票の下に書いている、「責任限度額30万」=(イコール)保証額(補償額)と勘違いしている方も多いでしょう。
しかし30万円の範囲であれば、無条件で支払われるわけではありません。まず、損害があった場合に補償される、損害保険の種類を理解しておきましょう。
損害保険は大きく2つに分かれます。
一つは「物保険」と言う、自分の財産を守る保険です。
もう一つは他人の財産に損害を与え、賠償請求された場合に備える「賠償責任保険」があります。この2つの保険を荷送人、配送会社それぞれが加入契約すると、万が一商品に損害が
あった場合スムーズに荷送人に補償がされるシステムになっているのです。荷送人は物保険の契約後発送、被害があれば保険会社に正しく請求申請すれば、万が一損害があった場合、損害額に応じて、保険金額を速やかに支払ってくれます。荷送人が自分の保険を使ったから運送会社は安心できるわけではありません。
保険契約者に保険金額が支払われると、その保険会社は「損害の原因」となるところへ請求を掛けてきます。
保険会社は保険金額を支払う事で、契約者から「求償権」という【賠償請求する権利】を貰う事になっています。契約者に代わり、「代位求償」を掛け、支払った保険金額分を【過失の原因】である運送会社に請求するシステムになっているのです。その損害防止のため、運送会社は賠償責任保険を契約して、「代位求償」や他の「損害賠償請求」に備えています。
こうする事で、荷送人にスムーズに損害額分の金額が支払われます。
話が逸れますが、日常生活でも過失がこちらにある場合、損害を受けた人が「僕の保険を使うから大丈夫です」という言葉には注意が必要です。後で、保険会社が「代位求償」を使い、「賠償請求」を求めて来る場合もあるからです。

チューダー日本上陸!気になる現行モデルの定価を一気にチェック!

1930年代にロレックスのディフュージョンブランドとして誕生した"チュードル"。とうとう日本に上陸しましたね。当時、ロレックス本社があったイギリスにおいて、一般市民に向けて作られたのがチュードルです。その後、普及モデルとしてイギリス国内での知名度を高めて世界中で販売されるようになりました。今までは"チュードル"の名称で販売されてきましたが、ブランド名の発祥とされるイギリスで絶対王政を確立した『チューダー朝』の名前にあわせ『チューダー』という新たな正式名称でスタートをきりました。今回はそんな大注目のチューダーの現行モデルの価格を一気にご紹介してまいりたいと思います。【商品名】ペラゴス LHD
【型番】25610TNL
【機械】自動巻き MT5612-LHD
【素材】チタン×ステンレス
【カラー】黒文字盤
【ケースサイズ】42mm
【防水性】500m
【定価】464,400円本格ダイバーズウォッチ"ペラゴス"のレフティモデルです。左利きモデルの為、リューズが左側についております。チューダーが開発・特許取得をした自動調整可能なフォールディングクラスプが搭載されています。【商品名】ペラゴス
【型番】25600TN
【機械】自動巻き MT5612
【素材】チタン×ステンレス
【カラー】黒文字盤
【ケースサイズ】42mm
【防水性】500m
【定価】464,400円画像・右
【商品名】ペラゴス
【型番】25600TB
【機械】自動巻き MT5612
【素材】チタン×ステンレス
【カラー】ブルー文字盤
【ケースサイズ】42mm
【防水性】500m
【定価】464,400円

マニュファクチュールって何だろう?

「ロレックス」、「IWC」、「パテックフィリップ」、「ヴァシュロンコンスタンタン」など自社でムーブメントを製造、組立まで一貫して行う時計ブランド、『マニュファクチュール』。
その定義には人によって解釈の違いはありますが、【自社製ムーブメント】を使用することと、それを使って【時計本体の組立】を行う事、これらはMustです。マニュファクチュールブランドの中で、ケースの鋳造に至るまで行うロレックスは時計ブランドの中でも異端の存在です。上の写真はロレックス(Rolex)キャリパー4130、デイトナに搭載しているムーブメントです。
実はこのムーブメントをリリースした日こそ、ロレックス(Rolex)が真の意味でマニュファクチュールになった時かも知れません。2000年に完成したこのキャリパー、それまでロレックス(Rolex)はデイトナだけゼニス(ZENITH)のムーブメント、エリプリメロを使用していたからです。

ロレックス(Rolex)は自社HPでマニュファクチュールという言葉を使わないブランドです。他のブランドが使う、オート・オルロジュリー(複雑高級時計)やメゾン(ショップ又はブティック)という言葉も使いません。
この言葉使いにも表れているように、他社との差別化を意識した戦略が感じます。
その上で、ロレックス(Rolex)は自社製品化で全てのパーツ素材の品質のアップを目指しています。このように時計ブランドにとってマニュファクチュールは時計の品質をあげるための、到達点であります。名門ブランドがマニュファクチュール化をするのはそんな理由からが殆どだと思います。このマニュファクチュール化は品質の向上はもちろんですが、例えばIWCなどは少しその目指す所がロレックスとは異なります。IWCの目指すところは、後世にその技術やアイデンティティを伝える事も重要視しています。自社製のムーブメントも作りマニュファクチュールではありますが、それだけでは無く、時計学校を本社内に構えて、哲学を次の世代に引き継ぐ事も大切にしています。
これは、70年代や80年代に多くのブランドが閉鎖に追い込まれた事から学んでいるのでしょう。僕の過去記事にも書きましたが、IWCは70年代の終わりから80年代初頭にかけてかなりの経営危機に直面していました。
その経験から、ブランドの哲学、人材の品質向上も大切だと思っている筈です。

【過去の相場を振り返る】ロレックス サブマリーナ編

ロレックス定番の本格ダイバーズウォッチ『サブマリーナ』300m防水のハイスペック機能にデザイン性の高い人気モデルですね。飾り気のないシンプルで精悍なデザインに魅了される人も多く、定価を超えるプレミア価格がついた今でも絶大な人気を誇ります。今回は2003年〜2018年。過去15年の定価、並行実勢価格の変遷をご紹介させて頂きたいと思います。1989年から2010年まで製造されていたロレックス屈指のロングセラーモデルですが、今回は2003年からの相場をご紹介していきます。2003年【国内定価】512,400円 【実勢価格】370,000円前後
2004年【国内定価】512,400円 【実勢価格】410,000円前後
2005年【国内定価】512,400円 【実勢価格】420,000円前後
2006年【国内定価】512,400円 【実勢価格】440,000円前後
2007年【国内定価】588,000円 【実勢価格】490,000円前後
2008年【国内定価】588,000円 【実勢価格】500,000円前後
2009年【国内定価】588,000円 【実勢価格】400,000円前後
2010年【国内定価】588,000円 【実勢価格】430,000円前後2000年以降の価格改定は今のところ4回ありましたね。2002年、2007年、2013年、2015年。2002年、2007年は大幅に定価が上がり、多くのモデルが10%〜15%ほど上がりました。16610も約12%の値上がり。2013年、2015年は7%〜8%ほど上がりましたね。

保存版 ロレックス 赤シードゥエラー(赤シード) Ref.1665 まとめてみました

近年価格高騰の著しいアンティークロレックス(ROLEX)!手巻きデイトナRef.6263、Ref.6265やミラーダイヤルロレックス(ROLEX)と共にスペシャルモデルとなりつつあるのがこの赤シードRef.1655!赤シードのマイナーチェンジをまとめていきたいと思います。シードゥエラーRef.1665はシードゥエラーのファーストモデル。
フランスの潜水会社コメックスの協力を元にダイバーズウォッチの1967年に開発されたのが、Ref.1665です。当時のサブマリーナーの約3倍の610mの防水性を達成することができました。1967年から1980年まで製造されていたそうです。

そのRef.1665のレアモデルとされているのが赤シードです!ちなみに赤シードは海外では double red sea-dweller といいます。
その人気の赤シードをまとめていきます。MARK1;最初期ダイヤル オープン6 通称ピンクシード
MARK2;レイルダイヤル(スターンダイヤル) センタースプリット オープン6 ブラウンチェンジしやすい
MARK3;オープン6 ブラウンチェンジしにくい
MARK4;クローズ6 一般的に普及しているダイヤル、ロレックス(ROLEX)の交換ダイヤルとして使用された最近ではMARK6まであるという噂も・・・・・・「SEA-DWELLER SUBMARINER 2000」の表記がピンクとなっています。ほとんど市場に出回ることはないモデルですね!2016年12月にはクロノ24で一本出ていましたが、価格は要相談とのことです・・・・・・・・・

オーバーシーズのNEWモデルに迫る【ジュネーブサロン SIHH2016】

今年のSIHH(ジュネーブサロン)2016で発表されたヴァシュロン・コンスタンタン、オーバーシーズのNEWモデル。
前回のモデルより、約10年ぶりのマイナーチェンジとなります。
文字盤色は青とシルバーの二色展開。

見た目の印象は、前作のエッジの効いた『堅い』印象と比べ、今作は『丸い』フォルムとなった感じです。今回新たに開発されたキャリバー5200は開発に5年の歳月を費やしたらしいです。

耐衝撃性も改良され、パワーリザーブも約52時間となっております。

クロノグラフキャリバー5200の他に、1カレキャリバー5100、スモセコキャリバー5300と計3つの新ムーブメントが開発されています。スチール素材のベルトの他に、付属でラバーと革のベルトが付くみたいです。

シーズンに合わせて付け替え可能なのが良いですね。

しかも、このベルトの特徴は、特別な工具を必要とせず、手動でベルトチェンジが出来る優れモノ。ケース裏側のブレスとケースの接合部分の、突起している箇所を引くだけでベルトが外れる簡単な構造。
どこかで見たことがあるような構造ですね。

カルティエのロードスターも、確か全く似たような構造でした。

【完全保存版】オメガの長い型番の意味が知りたい人集まれー!「転」

この記事は、シリーズものです。
パート1.2を読んだことの無い方は、書き記事を是非読んでから先へ進んでください。パート1では、最初の三桁「311」と次の「32」を解説しました。
パート2では、3番目の「42」と4番目の「30」の解説。今回は5番目の「04」と6番目の「001」です。それでは始めます。
「42」が表すのは「文字盤色」です。
モデル名がきて、機械が来て、ケースサイズが来て、
機能ときて残ってるのは大体想像できますね。例題は「04」なので白文字盤という事になります。■01→黒
■02→シルバー
■03→ブルー
■04→白
■05→ホワイトシェル
■06→グレー
■07→シェル(ホワイトシェル以外) ※1
■08→シャンパンゴールド

ロレックスの「へー」「ふーん」ってなる知識とプチネタ。

公式サイトを何気なく見てたらこんな画像がありました。
GMTマスターⅡのホワイトゴールド無垢しかない赤青のセラミックベゼル単体画像。

正面から見るとちょうど半分ずつになっているように見えていましたが、
ベゼルだけで見ると赤ベースの上に青が乗ってる?一部を青に変化させてる?
みたいな感じになってました。

青と赤のつなぎ目が素晴らしい。
ベゼル1つ製作するのに40時間かかるらしいですよ。

高いわけですね。ベゼルの裏。
普通見れませんよね。

私も初めて見ました。こんな感じでギザギザになってます。
この1つ1つのギザギザがカチカチカチってなってるんですね。

だとすると、上記のはサブのベゼルでしたが、GMTのベゼルは違うんでしょうか。
いつか見たい。この駒は見れば分かりますが、プラチナのコマではありません。
無いので代用しました。

現在のコマには真ん中の管がありません。
しかり、1990年代のコマかは管が入っているることが多い。(無くしたりでない場合も多い)そんな管がデイトナのプラチナには入ってます。
上記のコンビはステンレスの管ですが、
デイトナは半透明な白っぽいプラスチック見たいか管が入ってます。

他の現行品では管入りは確認した中にはありません。

すいません。今度撮る機会があればUPします。石油ショックにより物価が急上昇した1973年発行の保証書です。

今から44年前の保証書。

紙ってきれいに残るんですね。

時計は手巻式?自動巻式? 動力で選ぶ時計!! まずは基本から(ー_ー)!!

時計の動力には色々な種類があります。
☆電池式(クオーツと言われる物/QZ)
☆自動巻き式(AT)
☆手巻き式(HW←ハリーウィンストンじゃないですw ハンドワインドを略した物
☆ソーラー電池式〇特徴
・何もしなくていい
・正確な時間を刻むので最初は時報で合わせましょう
・ちょっと軽め
〇メンテナンス
・電池が切れれば電池交換(1000円程でやってもらえるのでは)〇特徴
・腕に付けている限りは動く(死んでいなければw)
・重い
・時間は正確ではない。(日差等があるのでどうしてもズレる)
・カッコイイモデルが沢山
〇メンテナンス
・3~4年毎にメンテナンスが必要。いわゆるオーバーホール
正規店だと機会にもよるが5~10万ぐらい? そのへんの時計屋さんなら3~6万ぐらい?〇特徴
・自分自身で巻かなくては…
・巻き止まりという物があるので巻きまくるとゼンマイが切れる。
・時間はやはり正確ではない。←いつの間にか止まってる事もあるし
・時計の心配をする分愛着が湧く。
・大人の雰囲気が味わえる。高い時計に多いので。
〇メンテナンス
おそらく自動巻きとそんなに変わらない値段かと・・・。
やっぱり高級時計ほどメンテナンスにはお金がかかる・・・。〇特徴
・名前の通り太陽の光を利用して動く時計
・充電は光の当たる窓際に
・ソーラー電波時計というものもありこちらは常に正確な時刻を刻める。

〇メンテナンス
・電池式だと2万円ぐらいみたいです。

機械式時計の基礎知識 防水表記のホントの意味

時計の文字盤に30m防水と書かれていても、実際は30mまで潜水して活動出来るという訳ではありません。 ここでは具体的にどこまで使用できるかの目安を紹介します。防水表記を誤って解釈したまま使用すると、ケース内部への水の浸入など、取り返しのつかない事態に発展する事になるので注意が必要です。①自分の腕時計の正しい防水性能を把握する。
⇒万が一の無いよう、しっかりと把握しておきましょう。

②ネジ込み式リューズがしっかりと締まっているか確認する。
⇒水が浸入する原因となります。確認する癖をつけておくと安心です。

③水中や濡れた状態では、リューズ(クロノグラフの場合はプッシュボタンも)を操作しない。
⇒基本的に水中で操作を使用するように設計されていません。水を侵入させる入口を自分で開ける行為の為、絶対にNGです。30~50mと表記された腕時計の防水性能は『日常生活防水』に分類されます。この防水表記は、実際に30mまでの潜水活動が可能というわけではないので注意が必要です。30m防水=3気圧防水
基本的には『雨に濡れる』・『防汗』』程度まで耐えられる仕様です。
30mまでOKな体で活動すると故障の原因になりますので注意しましょう!!