見せます。リアルな腕時計メーカーの裏側。【隠したい事実の禁断画像】

冒頭の画像が既に危険ですね(スーパーコピーブランド)

この画像たちはメーカーが一般消費者に見せられない画像集です。はじめに書いておきますが、

あくまで腕時計販売とはビジネスであり、そこには利益が生じる仕組みがあります。

それがメーカーによってどれくらいの金額を儲けるかが違うということです。腕時計メーカーも運営の方法は様々ですので、

安いモデルから高いモデルまできっちり自社ムーブメントを導入しているメーカーさんもあれば、価格の安いモデルには輸入した汎用ムーブメントを使い、高額なモデルには自社ムーブメントを採用するメーカーもあります。しかし同じ他社からの輸入ムーブメントを使用していても、

「30万円の腕時計もあれば、150万円の腕時計もあるということです。」メーカー公式発表では無いのであくまでムーブメントに外見からの推測になりますが、

「本格腕時計メーカーの中身がどうなっているか」わかる範囲で書いていこうと思います。フランクミュラーといえばまず、「高い腕時計」というイメージが定着している様に思えます。同じステンレス3針日付付の腕時計と比較してみますと、

ロレックスのサブマリーナデイトが874,800円ですので50万円以上高いですね。昨今の定価の値上げによりロレックスの腕時計はユーザーからも高くなったと言われております。

そのロレックスの同機能モデルよりも50万円以上高いのだから間違いなく定価の高いメーカーと呼んで差し支え無いと思います。さてそれでは本格高級機械式腕時計であるフランクミュラーの裏側を見てみましょうか。