Rolexはなぜミステリー?秘密を紐解く

Rolexに関してはっきりしている事は本社とデザイン部門、宝飾部門がジュネーブ、ムーブメントがビエンヌということが公式HPに書かれています。会社の社屋や施設以外は公式には何も発表されていません。
役員やCEOも公式には不明です。
しかしネットで検索したら意外に簡単に、わかります。まずCEOはJean Frédéric Dufour氏です。もとゼニスのCEOで2014年よりRolexの6代目のCEOになっています。Getty のイメージでも簡単にでてきました。
彼の略歴を簡単に紹介します。1969年生まれ、これまでに複数のウォッチブランドのトップを経験しています。BLANCPAINなどを経て2009年からゼニスのCEOに就任していました。このゼニスでの成功が彼をRolexのCEOに導いた功績であることは間違いないでしょう。
しかし数多くあるRolexの公式行事で彼が例えばプレゼンターとして出席したことは見たことが私はありません。私が参考にした情報は【Hodinkee】というサイトです。多くのブランドのトップへのインタビューを掲載している信用性の高いサイトです。私も海外からのブランド情報はこちらの検索がヒットする場合も多く、動画でロングインタビューもよく掲載されてるため何度かこのサイトの記事や動画も参考にしました。NYで2008年に設立された、ヴィンテージウォッチ愛好者である創設者が運営しています。クラッシックカーも好きで何本かの価値ある時計を車の事故でクラッシュしたと紹介文に書かれています。信用性の高いサイトであり、この記事でもRolexにも確認を取れたと書かれているので情報は間違いはないと私は思います。CEO誰だとかよりも、私が一番問題と思ったことは、なぜ世界的なウォッチブランドが2014年に就任したトップを2018年7月時点でも公表しないでいられるのでしょうか?
まずあらためて歴史を紐解きます。