【超絶美技】装飾に見る機械式腕時計職人技集 究極の美【匠の技】

腕時計における究極の美しさとは、ムーブメントに施される美しき伝統技法にあると思います。同じ真鍮の板から作られているのにメーカーごとにこんなにも違う作りになる。

それは各メーカーのこだわりと、職人技の違いにあります。

今日はムーブメントの仕上げを中心に美しき伝統技法を解説していきたいと思います。上の写真はグラスヒュッテオリジナル、パノリザーブのスケルトン画像です。写真の上半分を見るとカミソリの様な縦線が規則的に斜めに並んでおります。

これがコートドジュネーブ技法と呼ばれるものですね。湖に押し寄せるさざ波をイメージしたと言われる装飾でして、ムーブメントに仕上げを施す高級機械式時計のほとんどに採用されていると言われるほどメジャーな技法になります。元々はアメリカの腕時計産業でさかんに用いられてたダマスキン装飾の一種だと言われております。

腕時計産業中心地ははイギリスにはじまり、スイスという王国が誕生それからは、スイスという国はアメリカのライン式生産方式、日本のセイコーによるクォーツムーブメントの侵略と、多くの挑戦を受けながら「相手の長所を吸収」しながら成長していきます。そしてコートドジュネーブとは19世紀後半から普及したもので、アメリカの懐中時計ムーブメントによく見られた技法をスイス腕時計産業が逆輸入したものでございます。呼び名も様々ありまして、写真のグラスヒュッテオリジナルは「グラスヒュッテストライプ」と呼ばれております。メーカーごとにこのコートドジュネーブの仕上げの風合いも微妙に異なりまして、派手に光るメーカーもあれば、パテック・フィリップの様な雲上ブランドの腕時計は光沢よりも模様の美しさが際立ちます。それではメーカーごとの違いを見るために画像を並べて見てみましょう。