腕時計のこだわりポイント!金属製ブレスレットのすすめ

腕時計をつけるにあたってベルトにこだわる人は結構多いと思います。見た目に与える印象がまず大きく変わりますし、装着感もモノによってかなり変わってきます。ただ一口にベルトといっても革、ナイロン、ラバー、シリコン、セラミックなどなど色んな種類がありますが、やはり腕時計のベルトにおいて代表的なものと言えば金属ブレスレット(ベルト)だと思われます。金属ブレスを選ぶ利点としては「汚れ・水に強い」「丈夫」「経年劣化しにくい」などが挙げられますが、何より金属ならではの光沢や重厚感が腕時計の存在感をより高めてくれるというのも大きいと思います。腕に着けた時だけでなく、腕から外して置いた状態でも絵になるのは金属ブレスならではと言えるかも知れません。逆にデメリットとしては「重い」「冷たい(特に冬場)」「サイズ調整が難しい」あたりでしょうか。革やナイロンを愛用される方としてはやはりこの辺りがネックとなっている気がします。金属ブレスの中で最も一般的なのは3つのパーツを組み合わせて構成される「コマ」をベルト状に連結した「三連ブレス」でしょうか。見た目にもスタンダードでフォーマルな腕時計にもよく合います。これが四連、五連、七連とコマの分割が変化するとまた雰囲気が変わってくるため、腕時計本体との相性も変化します。コマ同士の連結方法にはいくつか種類があり、板状のパーツでコマ同士を挟み込む「板バネ式」、松葉のような形のピンを通してコマを連結させる「割りピン式」、先端がネジ状になっている金属棒でコマ同士を繋ぐ「ネジ式」などがあります。板バネ式は比較的安い腕時計に使われることが多く、ある程度の値段以上(特に高級なもの)にはネジ式が用いられるようです。自分の手首に合わせるためのサイズ調節を行うには何かしらの工具が必要なため、慣れていない人には少しハードルが高いということ、またサイズの調節は基本的にコマの付け外しで行うため、細かい融通が利かないというのが難点です。