ロレックスのここが凄い!"ムーブメント編"

実用性を重視するロレックスの時計において、最も重要な要素として挙げられるのが"ムーブメント"です。外装パーツ同様、精度や耐久性は日々進歩しており、独自の改良が加えられて今に至ります。今回はロレックスのムーブメントに焦点をあてて、その魅力に迫りたいと思います。まず、注目したいのが 2017年に発表された新型シードゥエラー"赤シード"やデイトジャスト41、新型ディーシーなどにも続々と搭載されているCal.3235。14個の特許を取得、最先端の技術を凝縮されて開発された最新の自社製ムーブメントです。ムーブメントの軽量化に成功し、エネルギー効率が約15%向上。それにより、約72時間というロングパワーリザーブが実現しました。また、巻き上げ効率を上げた自動巻ローターや、新開発の引き込み式ツメにより操作禁止時間帯がなくなったのも魅力です。まさに次世代機に相応しい性能を実現させました。今後は順次、新しいムーブメントに変わっていくものと思われます。2015年、ロレックスは独自の社内規格として"高精度クロノメーター"を設け、以降すべての現行モデルに適用されるようになりました。従来のスイスクロノメーターと比べより厳しい基準が設けられました。スイスクロノメーターの平均日差が-4秒〜+6秒に対し、高精度クロノメーターでは-2秒から+2秒以内とより厳しくなりました。