先行予約開始☆ 10月21日発売!セイコー エットレ・ソットサス × ナノ・ユニバース 3針モデル

『SEIKO×nano・universe Limited Edition vol.3』
昨年のダイバーズデザインコレクション、今夏のパイロットウォッチコレクションに続き、セイコー×ナノ・ユニバース 限定モデル第3弾が登場! 今回は90年代にセイコーとイタリア・デザイン界のマエストロであるエットレ・ソットサスがコラボレーションした名作モデルがベース。

ナノ・ユニバースならではの感性により、現代的なカラーリングとサイズ感で、ユニセックスにご使用いただ けるデザインにリメイクしました。洗練された装いとイタリア・デザインの神髄を楽しめるタイムレスな コラボレーションモデルです。

オリジナルモデル同様、無駄をそぎ落としたケースに2枚ガラスを重ね合わせたシャープでミニマルな フォルム。ガラスの裏面にインデックスを印刷することで、インデックスがガラスの中に浮かんでいるか のように見えるユニークな構造を採用しています。 また、最上層のガラスにはサファイアガラスを使用することで、サファイアガラス独特の硬質感が縁なし ガラスの美しさを強調するとともに、傷がつきにくいという実用性を兼ね備えます。セイコーとナノ・ユニバースの新たなコラボレートが発表となった。

今回は、今迄とは違ったスタンスでデザインされたモデルで発表となった。
ベースは、何とソットサスの3針モデルしかも、1994年に発売されたオリジナルよりも随分と変わったデザインで蘇った。
3針モデルの復刻は、セイコー スピリットからも発売されていなかったオリジナルと大きく異なる点は、まずカラーリング
ソットサスの得意とするキッチュなカラーリングは抑えられ
モダンな秋冬物のクロージングの様なカラーリングで登場した。

ケースの形状も大きく異なり、フーテッドだったラグもオープンとなり
オリジナルでは33mmほどだったケース径も37mmと大幅にアップされた

クロノグラフと異なり、2層構造となる風防のデザインも
センターのドットが小振りとなり現代的意匠に変えられたオリジナルに忠実な復刻を期待するファンや
僕の様にオリジナルを所有していた者からすると
(因みに、デッドで2本所有していました)
少々残念な気もするが、モダンデザインの巨匠のデザインを
さらに現代的にアップデートしたと考えれば
単なる復刻に留まらず、新しいアティチュードとして着目すべきであろうとは言え、ほぼソットサスとしての匂いは消え去っているものの
裏蓋にはソットサスのロゴが入る。
このあたりは、少々複雑な気持ちにならざるを得ない

9月いっぱいまでは、ナノ・ユニバースで先行予約を受付し
10月からは、セイコー他各サイトでも受付後21日に発売となるソットサス。

ナノ・ユニバースのサイトでは、早くもホワイトの受付が終了している様だ今回のソットサスは、マーケットをかなりのウェイトで女性に置いていると思う。
大幅に大きくなったとは言え、37mmは十分に女性で通用するサイズ

さらにカラーリングは、北欧系時計ブランドの薄めのデザインに見られる
女性用の時計の様にシックでフェミニンであるこのシンプルさとモダンデザインが、
アヴァンギャルドな前衛的な洋服の中和剤となり得そうである。

シンプルとは言え、カシオのスタンダード(チプカシ)などとは
全く一線を画すタイムピースだ