【初級知識】今更聞けない・・・腕時計の基本知識教えます

ケース:時計本体のことです。 ※よく【ケースサイズ】とありますが、基本はリューズは含まないサイズのことです。

ベゼル:ガラスを固定するために付けられたリング、回転するもの宝飾があしらわれた物など様々な種類が存在します。

ラグ:ブレスとケースをつなぐ所です。

ベルト/ブレス:そのままですが、手首に巻くブレスレットのこと。

カレンダー/デイト:日付を表示しています。

リューズ/竜頭:時間調整やリューズを回してゼンマイを巻き上げ動力を生み出します。

ダイアル:文字盤のこと。様々なデザインやカラーがある。別名【干支】ともいいます。

インデックス:1~12を表すもの。【ローマ】【アラビア】【バー】【ドット】【ダイヤ】ets・・・様々な種類があります。

ムーブメント:機械式時計の中身(機械部分のこと)時計の種類は大きく分けて3種類になります。
最近では、GPSソーラー、衛星電波などありますが基本は3種類となってます。
どのように違うかこの際覚えちゃいましょう!自動巻き(AT)AUTOMATIC

振動によりローターが動くことでゼンマイが巻き上がる仕組みです。
大体ですが、8時間程腕にしていれば1~2日は動きます。
ちなみにローターとは画像にもあるように半円型の物があり、時計本体を軽く振ると
クルクルと回ることが確認できます。

見た目の特徴としては、ダイヤルにAUTOMATIC表記や、
秒針の動きが小刻みに動くことが特徴なのでそれらで判断できます。

電池交換の手間無し、基本毎日付ける方はゼンマイの巻き上げも不要!手巻き

手巻きとは、ゼンマイをリューズにより直接手で巻き上げる仕組み。
巻き上げすぎてしまうとゼンマイが切れる事もある為要注意!

見た目で自動巻きとの判断は難しいが、リューズを巻き回して離した時の戻り具合や
ローターではない為クルクルと回る感じがないことで判断が容易です。
針は自動巻き同様、秒針が小刻みに動くのが特徴です。

手巻きは、古い時計やより高価な時計に使用されていることが多い。毎日ゼンマイを巻き上げる
楽しみがありますが面倒に思う方も多いです。クォーツ(QZ) QUARTZ

クォーツとはクォーツクリスタルといい水晶のことをいいます。
水晶に電圧をかけることで正確に振動する効果を利用して、非常に少ない誤差で時を刻む仕組み。

簡単に一言でいうと・・・【電池】です。
見た目の特徴としては、1秒ごとにカチカチと動きます。
電池需要は約2年といわれています。その期間は基本メンテナンス不要なのでとても楽です。
しかし、急な電池切れなどある為注意が必要です。