ベリーレア! セイコー フライトマスター スポーツ150 SEIKO FLIGHT MASTER SPORTS150 7T32-7C20

セイコーの海外輸出用クロノグラフに、フライトマスターと云うシリーズが存在する現行フライトマスターは、ソーラバッテリーとなり
アラームクロノグラフを搭載し、複雑な計算尺を備える。

これはこれで、十分カッコいいのだが
やはりヴィンテージのクォーツクロノグラフが気になる。

1990年代のフライトマスターは、
アラームクロノグラフムーブメント7T32を搭載しているだけで無く
デザインが非常に秀悦である。

その7T32-7C20の確認出来たカラーバリエーションを紹介したい。
ハイフン以降のrefが違う同じデザインのフライトマスターも多数存在しているのだが
それは、またの機会にと割愛させていただきますさて、ヴィンテージフライトマスターであるが
フライトマスターとは名ばかりにダイバーウォッチほどの回転ベゼルを持ち合わせる。

プッシュピース等はねじ込み式ではないももの
スポーツ150と云う名を持ち、150m防水となっている。

逆に、フライトマスターと言う表記は見られず
それらしいのはインナーのタキメーターのみである。完全に今、旬なカラーリングではないだろうか?
ブルーのベゼルとインダイアルが素敵過ぎる
シャークストラップのお陰か、ブライトリングの様な雰囲気も醸し出している無骨な回転ベゼルに極太のフォント
ゴールドのインデックスにハンズ
全てが素晴らしいバランスである。

それでいて、艶消しのケースが
やはりプロユースを感じさせる裏蓋が、ねじ込み式なのは安心である。
ジャパンムーブと記載があるので、ケースは中国製なのだろうか?