【初心者に基礎からわかりやすく解説】ロレックスGMTマスターⅠとGMTマスターⅡの違い

1990年頃生産開始の1999年生産終了モデル。

A番(1999年頃)が最終品番です。

機械はCal.3175搭載。この機械はGMTマスターⅠにしか搭載してません。
とはいっても、1から作ったのではなく、もとにあったCal.3075をGMTマスターⅠ仕様(シングルブリッジがツインブリッジへ変更)にしたらしい。

ケースサイズは40mmと、通常のスポーツロレックスと変わりありません。

ベゼル展開は、写真の「赤青ベゼル」と、「黒黒ベゼル」の2種類です。

90年代後半(T番頃)にはシングルバックルだった仕様が、
ダブルバックルへ変更になりました。

大きな特徴としては、日付の単独変更ができる点ですかね。1990年頃生産開始の2007年頃生産終了のモデル。

M番(2007年頃)が最終品番です。

機械は、Cal.3185かCal.3186が搭載されれています。
この後者のCal.3186は新型のRef.116710に搭載されている機械です。
新型にお披露目になる前に、しれっと旧型の後半に搭載しているという。

こういうところがロレックスの面白いところ。
見た目では全くわかりません。
中の機械も見えませんもん。開けるのも特殊な工具が必要ですし。

でも、少し動作確認すればわかるんですね。
気になる方は「ウィグルテスト」でグーグル先生に聞いてみてください。
搭載されているのは、廃盤になる少し前のZ番(2006年頃)~M番(2007年頃)。

これはレアですね。
M番にいたっては、市場にほとんど出てきません。
一時コレクターの方が、市場の動向を見て売りに出したのか、
数本ネットで見かけた時期はありましたが、現在は全く見ませんね。

見つけた方は、検討の価値ありです。(出来ればデッドストックが好ましい。。。)

話がそれましたが、
ケースサイズはⅠと同じ40mm。

ベゼル展開は、写真の「赤青ベゼル」と、「黒黒ベゼル」に「赤黒ベゼル」の3種類です。
コンビや無垢タイプを入れればさらに茶金ベゼルや茶茶ベゼルなんかも。

こちらもブレスがシングルだったのが、90年後半(T番頃)にダブルバックルへ変更。

2003年頃(Y番)には横穴がなくなります。
この横穴がなくなったGMTマスターⅡが数少ないですね。
探されている方多いですよ。

主にF、D、Z、M番が横穴無しモデルです。
Y番で横穴無しがあったらこれもまた珍しいレアものです!

ちなみに、巷ではZ番(2006年頃)の後半から大体のモデルには、
ルーレット刻印(文字盤6時側にシリアル表記)が入りました。
が、Ref.16710にはZ番でもルーレット刻印ありません。M番でもありません。

旧型には付けなかったんですかね。
それとも、ルーレット刻印しようって決まった時にはすでにM番まで生産していたんでしょうか。

最後、機械の駆動として、単針が動きます。
これにより3か国の時間を把握できるという素晴らしい機能が付いています。
ただ、その代償に日付の単独変更ができません。
日付を変更する際は、単針を2周回転させ1日ずつ変更していくしかありません。
かっこいいんだけどね。ちょい面倒。写真でご覧いただいたように、
パッと見わかりません。

上が
GMTマスターⅠ Ref.16700 赤青ベゼル
下が
GMTマスターⅡ Ref.16710 赤青ベゼル

文字盤に書いてあるんですけどね。
腕に付けているのを見て、文字見ないとわかりませんね。

あとは動作確認して、日付単独変更できたらⅠとか
黒赤ベゼルだったり、横穴がなかったり、新フラシュフィットだったりしたらⅡとかそんな感じでしょうか。

手っ取り早いのは、それⅠすか?Ⅱすか?って聞くのが一番かと。。。廃盤になる年に製造された品番の事。
基本的にはすでに新型生産へと移行しているので数が少ない為レアになるケースが多い。