◆ネオヴィンテージ◆ ブライトリング ♏︎アンタレス♏︎ ギルト ダイアル Ref.81970

夏の夜、 南の天空に2つの赤い星が接近して輝いている。

1つは地球の兄弟星の火星、もう1つは蠍座の一等星であるアンタレスである。

アンタレスの上には、土星も見え
3つの星は、夏の南の夜空を煌びやかにしている。

その3つの星の1つ アンタレス
その名を纏ったモデルがブライトリングに存在している1980年代のブライトリングの隠れた名品アンタレス
その存在は、ほとんど知られておらず資料となるソースはほとんど見掛けない。

逆に、アンタレスのGMTモデル アンタレス ワールドの方が
ネット上のソースでは、良く見掛ける。デザインから察して、カリストの前身にあたるモデルとも考えられるが
全く以って、根拠を示せる資料は見つからない。90年代後半まで採用されている、山型のリューズは非常に巻き辛い
ベゼルのマーカーは、ビスになって居らずポイントである。ケースは、機械式の割りに厚みも少なく2mmほどで
この当時としては大きめのケース系40mmであるが、フィッティングは良さそうである裏蓋は、プレートの様なデザインで
そこにエンブレムとrefナンバーが入る。

アンタレスのrefは、81970であるrefナンバーの頭に、アルファベットが無いので
容易古いモデルと判別が付くのであるムーブメントは、ETA2892ベースであるが
ケースとの隙間にプラスティックパーツを使用しているのが、少々萎える