【スーパーコピー対策】ニセモノ・ロレックス撲滅企画 Ref.116660 ディープシー どっちが本物だ?⑥

シリーズも6回目になりました。
ロレックスのディープシー Ref.116660を比べてみて「これは本物、これはニセモノ」と判断できるようになって頂ければ幸いです。

今回のニセモノレベルは5段階中3程度なので、画像を見て途中で気付けると思います。
バレたらダサ過ぎ!こんなの着けてちゃダメですよ!

いつも通りなんですが、2本で映っている場合の左側は1本で映る時は上、右は下に配置します。どっちが本物?どっちがニセモノ?と比べてみる前に、ディープシーのおさらいです。

ロレックスのプロフェッショナルダイバーウォッチ「サブマリーナー」の進化形「シードゥエラー」がV番くらいですかね?生産終了になり、このディープシーへと引き継がれました。

そもそものシードゥエラーは飽和潜水時の事故から再設計されたサブマリーナーの上位機種ですね。
当時のサブマリーナーが200m防水に対し、610m防水を実現。
新たにケースサイド9時位置にヘリウムガスのヘスケープバルブが搭載されます。
後のシードゥエラー第2世代 Ref.16660(トリプル6)でサファイアクリスタルを採用し1220m防水にスペックアップしました。

そのシードゥエラーの上位機種が、このディープシーです。
シードゥエラーRef.16600の生産終了とすれ違いで誕生したのは2008年。型番はRef.116660(トリプル6復活ですね)。
そのスペックは驚異的で、なんとシードゥエラーの3倍の防水3900mを実現します。
新しく採用されたのがリングロックシステムと、それを搭載するためのケースサイズ44mmというタフボディ。
いやぁ、さすがに凄いゴツイ。

そして、なぜか2014年には生産終了になったシードゥエラーがひっそりと復活。
Ref.116600が型番で、防水1220m 40mmケースは前モデルを引き継いでいます。
シードゥエラーとしては第4世代になるのか、ディープシー含めて第5世代になるのか・・・。毎度おなじみの重さチェック。
これ、やる必要ないくらい・・・だいたいいつも同じ感じですね。
ニセモノが軽い!とかカシャカシャしているとかは・・・もう無いのかもしれませんね。

新品の場合 Ref.116660は220グラムくらいありますので、どちらも200グラムオーバーだと範囲だと言えます。
ブレスのコマ外しているからね。夜光チェック!

インデックスとハンズはクロマライトを使用。
強烈に発光・・・してないかな?

どうですか?あぁ、ぼんやりわかりますかね?

スーパールミノヴァと違い、クロマライトはブルーに輝きます。リングロックシステムと同じくらいビックリした新機構クラスプ「グライドロック」を見てみましょう。

因みにエクステンションもパーツがシードゥエラーより1つ多くなっています。