ファッションブランド、ラグジュアリーウォッチの販売に力を入れる理由は?

ファッションブランドで時計製造・販売で実績があるブランドは
『カルティエ』、『ティファニー』です。カルティエとティファニーは共にRolexとダブルネームの実績もあります。またカルティエはタンク、パシャというロングセラーの定番ラインナップもあり、ハイセンス&エレガントなブランドです。ファッションブランドの時計の良い点は優れたデザイン性です。上のティファニーもケース全体が緩くカーブ、腕に自然にフィットします。また文字盤もストラップと平行、斬新で腕を必要以上に横に曲げる事なく、自然な向きで時間を見れる時計は、機能面にも配慮している美しいデザインです。しかし、実績のあったティファニーとカルティエ以外のファッションブランドの時計に関しては、これまで汎用型のクオーツムーブメントにナイロンレザーバンド、薄めのステンレスケースという外観でチープなイメージがありました。GUCCIのHPに掲載されている最新モデル〔G-クロノ〕ラージウォッチ(44mm)はシンプルで無駄の無いデザインで、本格的な時計です。GUCCIの服やアクセサリーとも相性の良さそうなデザインが特徴です。この時計のデザインを見て、かつてのファッションブランドのようなチープなイメージはなくなりました。もちろんSWISS MADE、ディテールにこだわりブレスも専業メーカーと同じレベルで角も落とした丸みのあるステンレスブレスです。トケマーに出ていたGUCCIは2006年のモデルがありました。年代でモデルの外観を変化させている事がわかります。何処と無く2000年代の雰囲気があります。
ファッションブランドの時計の変化は高級ブランドの再編、ちょうどGUCCIがPPRグループに買収される、1998年から99年にかけて変化が出ています。ラグジュアリーウォッチへの攻勢を強めているファッションブランドですが、理由はどこにあるのでしょう?
まず彼等が占めていた市場に専業メーカーが参入してきた事が考えられます。