【ロレックス】"新旧徹底比較"ヨットマスターⅡはどこが変わった?

ヨットマスターⅡが登場したのは2007年。本格的なヨットレースに対応したスポーツモデルとして発表されました。44mm径の大型ケースには、ヨットレースのためのレガッタクロノグラフ機構を備えた複雑ムーブメントCal.4161が搭載されております。また、リングコマンドベゼルと呼ばれるムーブメントに連動したベゼルが備えられています。ヨットマスターⅡの現在のバリエーションは4種類。ステンレスモデルの"Ref.116680"、ピンクゴールド×ステンレスの"Ref.116681"、ホワイトゴールドの"Ref.116689"、そしてイエローゴールドの"116688"の4種類です。ケース素材の種類は4種類ありますが、文字盤のカラーは"ホワイト"のみ!今後もホワイトのみでいくのでしょうか。【商品名】ヨットマスターⅡ
【型番】116680
【機械】自動巻き Cal.4161
【素材】ステンレススチール
【カラー】ホワイト
【ケースサイズ】44mm
【防水性】100m
【国内定価】1,922,400円(税込)
【備考】2017年発表(旧型は2013年発表)ステンレスモデルながら定価は200万円近くする高級時計です。やはり、外装パーツや機能にかなりコストをかけている分、他のステンレスモデルと比べて少し割高な印象です。過去にヨットマスターⅡの使い方について書きましたので良かったらこちらも併せてご覧ください。