【疑惑】新型エアキング116900の秘密~ロレックス新ライン誕生への伏線~

2014年に消滅したペットネーム「エアキング」。
Ref.114200を最後に1940年代から続く長寿ラインでした。

そして116の型を得て、2016年バーゼルワールドにて「衝撃的」な復活を果たしたのです。

なぜ、復活したのか?なぜ2014年に1度消えてしまったのか・・・なぜあのモデルが生産終了していたのか?
今回のスクープで全貌が明らかになるかも知れません。ロレックスのパイロットウォッチと言えば、パンナム航空の機長に配給された過去を持つGMTマスターですね。
この時点で既にジェット機の環境をイメージされて製造されています。
宣伝広告はステイタス性が優先され、ロレックスの地位を確保するのに成功したモデルと言えますね。

ですが、これと言って「流行っている」プロペラ機乗りへのモデルがロレックスにはラインナップされていませんでした。
「計器」のイメージのあるパイロットウォッチ・ラインがロレックスは欲しかったのかもしれません。

このあたりのラインは「ブライトリング」「IWC」などが有力ですが、昨年突如このパイロットウォッチ競争に参入してきたパテック・フィリップ「5524G-001カラトラバ パイロット トラベルタイム」。まさかの三大ブランドです。
他にもゼニスなど、人気のラインになりつつあるパイロット・ウォッチは確実にブームがきています。以前の記事でも書きましたが、ブラッドハウンドSSCのクロノグラフが元デザインの新型エアキングRef.116900。

このデザイン格好良いですねぇ。こちらは今年、「何故か」わざわざブラックアウトが終了したことを気づかせるように発表した新エクスプローラーⅠ Ref.214270。

ブラックアウトにプレミアムが付くのか話題になりました。既にお気付きだった方もいらっしゃると思いますが、「同じ文字盤」を使用している(と思う)新型エアキングとブラックアウト・エクスプローラー。

バーインデックスがアラビア数字に置き換えられ、それぞれの文字・カラーリングが変わってはいますがベースは「同じ」です。そして2014年にカタログ落ちした「黒文字盤」のミルガウス Ref.116400。

実はミルガウスと新エアキングは同じベースのケースを使っているのではないか?という疑念があります。
ラグの梨地仕上げとポリッシュ仕上げなどの相違はありますが、同じ40mm・クラウンガード無しの磁気シールド入りと類似点が多く見られます。