時計界のカリスマ経営者達、ウォッチブランドという大型船の船長

かつて日本の首相でトランジスタラジオを持って外交した政治家は異端児的な目で見られてきました。

しかし現在のグローバル企業のトップが先頭に立ち、自社製品を積極的に売り込む姿は自然で、新作の発表会を担当役員に丸投げする企業は皆無と言っていいでしょう。1980年に入ってから偉大な功績を挙げた、時計界のカリスマ経営者の筆頭は『ニコラス・G・ハイエック氏』を私は一番に挙げます。1928年レバノン生まれの彼は後にスイスに移住、エンジニアを経て起業、コンサルタントの世界に進出しました。彼の優れた点は、業界の常識に囚われない手法とトップダウンの指示の中にも現場の人間の自尊心や魂をくすぐるプラスアルファを加味する事が特徴です。また常に「未来」を見ている事です。1993年にコーアクシャルエスケープメントに出会いを採用した時もハイエックが思い描いた事は、従来の常識以上に耐久性の高い機械式時計を完成させる事でした。コアークシャル採用後、さらなる耐久性を求め今度は部下から提案のあった耐磁性のある時計の製作にゴーサインを出します。コーアクシャルで道筋を作り、それに共感する部下の自発的なモチベーションアップを生む土壌を作る事は経営トップの鏡と言えます。
ご存知の通りハードワーカーだった彼は2010年の職務室で世を去ります。でも僕はその時も彼は常に先を見ていたと思われます。
息子に経営の全権を継承、会長職になりその後の死去でした。そのため彼が亡くなった後もスウォッチグループは混乱も無く、更に発展しています。

スムーズな経営の継承があったからグループは一枚岩で、現在も時計業界の先頭を突き進んでいるのでしょう。機械式時計ファンの多くが知るハンス・ウィルスドルフ、Rolex社の創業者です。

彼が1905年に企業した時まだ24歳でしたが、若かったからこそ1960年代にはサブマリーナやGMTマスターといった不久の名作を世に送り出せたのでしょう。