【動画有り】え?それどうやって使うの?フランクミュラーの独自機能が凄すぎる件

まずはこちら。

クレイジーアワーズ。

フランクミュラーを代表する独自機能ですね。

インデックスの数字がランダムに配列されています。
これは『ジャンピングアワー機能』が搭載されていて、
長針が真上(8時位置)に到達すると瞬時に短針が『飛ぶ』、
まさにクレイジーな時計。

フランク・ミュラー氏は言いました。

『時間は人が作ったものだ。だから何をしてもいいんだ!』 と。

もうおっしゃる通りですよね。
彼の遊び心?ある作品の一つです。

インデックスのビザン数字の配置は基本変更ありませんが、
唯一トゥールビヨンのモデルのみ配列が変わります。

それがこちら↓トゥールビヨン搭載のこのモデルは
6時位置の『8』の上半分が秒針の役割をして
60秒たつと元の位置に戻る仕組みです。

もうここまで行くと、壊れたときのメンテナンスが大変でしょうね。ヴェガスはラスベガスのカジノからインスピレーションを得た、
クレイジーアワーズと共にフランクミュラーを代表する特殊機能を持ったモデルです。

2009年頃から登場し、当時のカサブランカやコンキスタドールなどと人気を博しました。

使い方はいたって簡単。
文字盤にあるルーレットをリュウズに付いているプッシャーを押す事で
針が勢いよく回転し始めます。
止める時は指を離すだけ。

ええ、意味なんかあるわけじゃないんです。
『遊び心』を持ち合わせてさえいれば、意味なんか必要ないということです。

以前私も手にする機会があった時には
そりゃもう、針が「0」の位置に来るまでよく回したものです。上の画像は1999年に発表された初めてのヴェガスです。
当初はクロノグラフのモデルの裏にルーレットがセッティングされています。

クロノグラフ用とルーレット用のボタンをモノプッシャーでひとつにまとめています。