“名作”レーシングウォッチといえばこのブランド4選

タイム計測が必要だったモータースポーツ業界において、時計メーカーとのパートナーシップは必要でした。

その為、スピード感を表したスタイリッシュなデザインに、時間を計測できるクロノグラフ機構や、平均時速を調べられるタキメーターを備えるモデルが多いことが特徴です。

視認性に優れているのもポイントで、近頃ではF1チームや高級車メーカーとのコラボモデルもございます。今回は数ある腕時計ブランドの中から4ブランド選び各社の名作レーシングトウォッチシリーズをご紹介致します。1本目の名作レーシングウォッチはタグホイヤーのカレラです。

タグホイヤーのカレラは1964年に誕生した腕時計です。カレラとはスペイン語で“レース”を意味します。

ですが実際の語源は、メキシコで開催された伝説の公道レース“カレラ・パナメリカーナ・メヒコ”と言われています。現在に至るまでに様々な種類のカレラが登場してきましたが、今回私が一例として選んだのが、型番:CAR221A.FC6353の「カレラ キャリバー18 クロノグラフ テレメーター グラスボックス」です。マットシルバー文字盤にブラックの2カウンタークロノグラフと外周にテレメータースケールを備えたヴィンテージデザインが恰好いい。12時位置のホイヤーロゴが1960年代を思わせる、初代カレラを受け継ぐモデルです。誕生から50年以上が経つカレラ、これぞ名作レーシングウォッチです。