オリンピアンと腕時計【ウサインボルト×ウブロ キングパワー】

1986年生まれのウサインボルトは男子100メートル、200メートルの現世界記録保持者でオリンピックでも100メートル、200メートル、4×100メートルリレーの3冠を2大会連続で達成しているまさに「人類史上最速の男」です。

スプリンターとしては異例な体格(身長196㎝)ながらその体格を生かした大きなストライド走法により好記録を出し続けてきました。一般的に空気の抵抗などを考慮すると196㎝は大きすぎるようなのですがボルトには関係無しですね。100、200の世界記録を出したのが2009年であり自身でもその後は更新をしていません。もしかするとこの記録はしばらく更新されないかも知れません。

今年のリオデジャネイロオリンピックではどんな走りを見せてくれるか楽しみですし、おなじみのボルトポーズをまた観たいですね。人類最速のウサインボルトの腕時計はウブロ!!

世界限定250本のゴールドカラーのモデル。ウブロ キングパワーをベースにボルトのシューズを同じ合成皮革素材をラバーベルトに使用し高い耐久性と柔軟性を実現してます。

文字盤はブラックですが9時位置のスモールセコンドにはボルトポーズ、6時位置は母国ジャマイカの国旗をイメージしたカラーになっています。ケースバックはスケルトンでそこにもボルトポーズが。まさしく人類最速でゴールドが最も似合うボルトにピッタリのモデルになっていますね。ウサインボルトはサッカー好きとしても知られていて中でもイングランドのマンチェスターユナイテッドの大ファンです。

陸上を引退した後はサッカー選手になりたいそうです。余談ですが以前アメリカのプロフットボール(アメフト)の関係者が割と真剣にアメフトに誘ったことがあるらしいですが「ルールを知らない」という理由で断られたそうです。

サッカーの場合スピードがあることは大事ですが、一瞬のスピードや方向転換が多く求められるのでボルトといえども簡単ではなさそうですがすごく見てみたいチャレンジではありますね。
カウンターとかで抜け出されたら誰も追いつけないですしね。シンプルイズベストやっぱり陸上競技の華といえば100メートルなどの短距離走かなと思います。
次元は違いますが学校の運動会でもリレーも含め徒競走が盛り上がりますからね。100メートルで言えば、1964年の東京オリンピックから電動計時になり正確な記録を取れるようになったそうです。

男子100メートルの世界記録は9秒58ですがこれからどこまで行くんでしょうか?走り方やスタートなど科学的なアプローチはかなり進んでいるはずなのでここから更に・・となるとどうなんでしょうか?9秒前後までは行くのかなという気はします。

まずは今年のオリンピックが本当に楽しみです。