【大人女子必見】私たちの憧れショパール!!

1860年の創業。今年で156年の歴史を持つスイス屈指の老舗です。時計師のルイ-ユリス・ショパールがジュラ山脈のソンヴィリエに設けた工房に始まり、彼のイニシャルから「L.U.C」を文字盤に記した時計は、東欧・北欧・ロシアetcで人気を制しました。
1937年に創業者の孫ポール-アンドレは、高級時計の本拠地であるジュネーブ本社を移転して、国際的な高級時計ブランドとしてビジネスを展開するようになりました。

その後、1963年に重大な転機が訪れる事となりました。ショパール家が約100年も3世代に於いて営んできた時計会社の後継者が途絶えた為、ドイツ宝飾産業の中心地フォルツハイムでジュエリーと時計製造を手掛けてきたショイフレ家に経営が譲り渡される形となってしまいました。それ以来、現在まで一貫してショイフレ家によって営まれて来たショパールは、高級時計と豪華なジュエリーを展開して、世界屈指のラグジュアリー・ブランドへと躍進して来たのです。1976年に発表された、ダイヤモンドが文字盤の周囲を動き回る現在も人気の大ヒットシリーズ「ハッピーダイヤモンド」がショパールの代名詞になりました。1988年よりイタリアの有名なクラシックカー・レース「ミッレ ミリア」のスポンサーを務め、レースにちなんだスポーツウォッチを毎年発表し、現在も車と時計の両ファンから人気を博しています。また、1990年代に独自のムーヴメントの開発に取り掛かりました。後、1995年春に試作品が完成しましたが市場に出すにはあまりにも完成度が低いものでした。現副社長のカール・フレドリッヒ氏は「何度も諦めてしまった方が良いのではないか?」と何度も自問自答しましたが、この計画への投資金額があまりにも莫大だった為「今さら引くに引けなかった。」と後に語っています。 1996年。ついに、マイクロローター採用の薄型の自動巻きで、パワーリザーブ約65時間、しかもCOSCクロノメーターとジュネーブシールの両認定を受ける完全自社製の第一号ムーブメント高性能にして高品質の「L.U.C 1.96」が誕生しました。

1997年に「L.U.C 1.96」を搭載する初の腕時計「L.U.C 1860」を発表します。
*「L.U.C」は創業者に敬意を表してイニシャルが用いられました。

これ以来、自社一貫生産メーカーとして確実に1歩を進んで行きます。
「L.U.C 1.96」の開発以降、「L.U.C1.98 クアトロ」=4個の香箱で約9日間持続する画期的な手巻きムーブメント、トゥールビヨン、GMT、パーペチュアルカレンダー、クロノグラフなど、複雑機能を搭載する独創的なL.U.Cムーブメントを次々と開発&発表し、高度な技術をアピールし続け最終的に2004年「カリテ・フルリエ」という厳格な認証の設立に際しても、従来の精度や品質基準を上回る中心的な役割を演じ、その検査に合格した初のモデルを作りました。

ショパールは「L・U・C」の完成とともに、マニュファクチュールへの道を歩みだします。その後も、機械式ムーブメントを搭載した「L.U.C」シリーズを制作&発表して来ました。

2006年には自社製のクロノグラフを搭載した「L.U.C クロノ ワン」更には超薄型時計の「L.U.C XP」の発表は、時計業界の一大ニュースとして注目を集めました。

そんな秘話を持ったショパール社も、現在ではジュエリーだけでなく時計メーカーとしてのフラッグシップとなった「L.U.C」搭載コレクションを筆頭に本格マニュファクチュールとして常に進化をし続ける姿勢を貫いています。数あるショパールコレクションの中でも傑作という呼び声の高いモデルが数々あります。発表より根強い人気となった「ハッピーダイヤモンド」シリーズ。スイスの時計の技術とドイツの宝飾のノウハウを持つショパールならではといえる完成度とデザイン性を誇ります。

1976年、ショパールの才能溢れるデザイナー、ロナルド・クロヴスキは、セッティングされていないダイヤモンドの輝きに注目しました。ダイヤモンドが自由に動くことのできる腕時計を生み出してみたいと言う夢を抱いて開発した2枚のサファイアクリスタルに文字盤を挿入するという革新的なコンセプトでダイヤモンドが自由に動かせる細工によって実現させました。一説によると、滝の水しぶきからヒントを得てデザインされたとも言われています。

宝飾時計の中でも個性的な風貌とキュートさを持つハッピーダイヤモンドシリーズ。
初代の「ハッピーダイヤモン」はメンズモデルでしたが、その後新しいレディースコレクションとして発表され、現在では女性の心を虜にしてしまう程の人気を博しています。
本当に素敵ですよね!