【最高の代名詞】パテックフィリップ ノーチラス5711/1A

最高級時計の代名詞、パテックフィリップ。今回はその中でも非常に人気の高いスポーツモデルノーチラスの5711/1Aについて書いていきます。ステンレススティールのモデルですが定価は300万超え。現在の中古市場でも300万超えはあたりまえです。同じステンレススティール使用のモデルは文字盤のカラーが白も存在します。白のほうが市場の相場はやや下がり一般的には300万以下の売価がほとんどです。初代ノーチラス 3700/1通称ジャンボです。登場は1976年。後にジャンボと言われるようなったのはケースサイズが40mm近くあり当時としては大きいんです。その為ジャンボと言われるようになりました。

厚さは7.6mm。薄いですね。その薄いケースの中に収められたムーブメントはルクルト製cal.920ベースの自動巻cal.28-255C。このcal.920はオーデマピゲの初代ロイヤルオークやヴァシュロンのオーバーシーズの前型の222でも使われています。

雲上三大ブランドの中は全てルクルト‥。ルクルト凄いです。

Cal.920厚さは自動巻にもかかわらず2.45mmしかありません。これもパテックから要請があって作られたとか。そんな傑作を作っておいてルクルト自身はcal.920搭載しなかったらしいです。何故でしょう。壊れやすい?ノーチラスはCal.920改良しましたが、ロイヤルオークはそのまま使いました。1982年発売モデルの3800/1Aです。ケースも34mmと3700/1に比べて小さいです。日本人の腕には手頃のように感じます。値段は手頃ではないですが中古市場で200万弱くらいでしょうか?5711/1Aより少し安いですね。ノーチラスらしいブルーのダイアル以外にも黒のローマ数字のダイアルも人気です。この黒いダイアルはブルーよりも価格は同じか少し上に推移しています。かっこいいですね。あと3800/1Aは少ないですが白文字盤も存在します。

3針のモデルを比較していくと私的には大きい5711/1Aやジャンボのサイズ感が好きです。賛否両論ございますが。