【初心者必見】ジャストな腕回り。ブレスレット時計の最適長さと調整方法。

ブレスレット部分の適度な長さはつけたときに時計と手首の間に人差し指が一本入るくらいです。少しゆとりのある方がブレスレットの良さが出ますがゆるすぎるとずれてきてしまったり、くるっと回ってしまったりするので。ブレスレットタイプの時計は高級感もあるし、フォルムもきれいだけれど、実際自分が身につけるときに適度な長さにうまく調整できるだろうか、難しいのではないかと躊躇してしまってはいませんか?やってみると実は思っていたより簡単かもしれません。たとえばこちらのケースから針に至るまでこだわり抜いたデザインの時計、もちろんBAND部分の1コマ1コマも丁寧に作られていてとても美しいですね。この1コマ美しいだけでなくが調整の大切なポイントになっています。長さ調整工具をコマの矢印マークの向きに差し込んでピンを抜き、余分なコマを外したら、コイルばねをしっかりと押し込んでから反対側のコマをセットしピンを外側から差し込んで、調整工具の短い方も使ってきちんとピンを奥までいれておきます。