スマートウォッチを中心に急速拡大するデジタル腕時計の最新事情

腕時計市場におけるゲームチェンジを促すきっかけとなったアップルウォッチ。

これからのデジタルウォッチ市場の中心を形成するであろうスマートウォッチの世界を象徴するモデルと言っても過言ではありません。

最新OS・watchOS2のリリースでより利便性を増した機能。さらにエルメスとのコラボレーションによる革ベルトの登場と相変わらずトピックを提供し続けてくれます。オープンソースと標準化というグーグルの哲学を引き継ぎ、多種多様に展開しているアンドロイドウェア。腕時計本体の制作メイカーも増加し、ますますユーザの選択肢が広がっています。

いまや何千ものパターンから選べるウォッチフェイスも魅力的です。各メーカーからも個性豊かなモデルが発売されており、アップルウォッチよりもリーズナブルな価格帯のモデルも多くラインナップしています。腕時計に「タフさ」という新しい評価基準を提示し大ブレイクした初期モデル、そして女性向けのデザイン戦略で大ヒットしたBaby-Gなど、幾度となくデジタルウォッチ市場をにぎわせてきたG-SHOCKシリーズが、いま何度目かのブレーク期を迎えています。

近年はGPSハイブリッドソーラーを搭載したMT-Gシリーズのようにタフネスと洗練性を兼ね備えたハイエンドモデルをリリースし、大きな反響を巻き起こしました。スマートウォッチの本格的な普及がファッション界の動きも変えつつあります。

バーゼルワールド2015で発表されて話題を集め、日本でも発売がスタートしたGUESS CONNECTもそのひとつ。スマートフォンとの連携やメールチェックといったスマートウォッチの基本機能を高級感あふれるデザインの筐体に詰め込んだ会心の一本です。

これなら「スマートウォッチには興味があるけど、おしゃれじゃないな・・・」と二の足を踏んでいたユーザも納得ですね!2015年開催されたバーゼルワールド2015でもすでに大きなトピックとして扱われていましたが、今年のバーゼルワールドでもスマートウォッチが大きなトピックとなるのは間違いないでしょう。

画像は昨年のバーゼルワールドで開発発表された、グッチとアイ・アム・プラスとの共同企画によるスマートウォッチ。スマートフォンとの連携をあえて避けたスタンドアローンタイプのスマートウォッチとしても話題を集めました。