「軍用時計物語」より選ぶ 未だ入手したい軍用腕時計 5選

書籍名 軍用時計物語: ミリタリーデザイン学
寄与者 今朝春·今井
発行 1990
ISBN 4334711650, 9784334711658
ページ数 303 ページ昔、教科書の様に大事にしていた本ですが
人に貸したのか引越しの時に紛失してしまったのか8年ほど前に無くしていました。

その後、中古を探していたのですがずっとプレミアで
やっと安い中古を見つける事が出来ました。

久しぶりに目を通す軍用時計物語

その中で、未だに欲しい時計を紹介致しますかなりレアなTYPE3 CLASS A
昔、沖縄に仕入れに行った時にジャンクを1度見ただけです。
バッテリー切れしたら、捨てる事が多かったのでしょうか?

普通は、裏蓋に刻まれるスペックが
フェイスにあると云うのが魅力的

個人的に結構レアなので
見つかれば即ゲットしたいモデルですギャレット社のプレシスタ
右はこの当時の現行とありますが、今じゃ立派なヴィンテージです(笑)

左の自動巻は殆ど見たことがありません

個人的には、右のダイアルの方が好みですが
最近はなかなか出物に巡り会いません

TUTIMAからも右のデザインが出ておりました(市販モデル)
そのレプリカを数年前にビームスが作ってた記憶があります昔、CWCのロイヤルエアフォースのクロノグラフは持っていました。
絶対数的にもレマニアが少なく、現在相場も25万円程はします

先輩が持っていたのですが、未だに着けてらっしゃいます
僕のCWCは何処へやら…

CWCは復刻版も出ておりますが、
やはりレマニアは欲しいですね。

もう、昔の値段を知ってると買えませんね