ロレックス「ヨットマスター・ロレジウム」の魅力

ヨットマスターはダイバーズモデルと思われがちですが実はダイバーズモデルではなく、ヨットやクルーザー遊びを楽しむセレブを対象に1992年に発売されました。1992年当初に発売されたのはオール金無垢モデルでしたがスポーツモデルでは珍しくメンズ・ボーイズ・レディースの3サイズ展開となりました。
翌年にはボーイズ・レディースモデルにステンレススチール・イエローゴールドのコンビモデルが誕生しました。そして1999年にロレックスとして初となる「プラチナ・ステンレススチール」のコンビモデル、「ヨットマスター・ロレジウム」が誕生しました。今までのロレックスにはない斬新なデザインで一躍スポーツモデルの人気モデルとなりました。
ロレジウムもメンズ・ボーイズ・レディースの3サイズ展開です。ロレジウムの最大の特徴はなんといっても「プラチナ」製のベゼルとダイヤル。意外と知られていないですが、針は「ホワイトゴールド」製なんです。
まさにゴージャス仕様ですね。
定価で見ても北堀江2丁目が知る限り、2007年当時のメンズサイズ(16622)の定価が97万6500円。
デイトナ(116520)が92万4000円とデイトナよりもヨットマスターの方が定価は高かったんです。ヨットマスターロレジウム(Ref.16622)
ケースサイズ:40.0mm(リューズ除く) 自動巻き ( Cal.3135) デイト表示 100m防水 両回転ベゼル 2006年(Z番)中盤からルーレット刻印が入る仕様になる。 ヨットマスターはサブマリーナ(16610・14060)などと違いケースラグやブレスレットのセンター駒がポリッシュ加工されている為、サブマリーナとは一線を画したラグジュアリーな雰囲気を味わえます。

もちろんスーツにも合いますしプライベートな時でも合わせやすいデザインです。
北堀江2丁目は特に夏はデイトナよりもヨットマスターロレジウムを普段使いで使用しています。