【ロレックス デイトナ】クロノグラフを使いこなそう

まず上下のプッシュボタンのねじ込み式ロックを解除します。
上はスタート/ストップボタン、下はリセットボタンとなっています。
スタート/ストップボタンを押すと「12時間計」「30分計」「秒」の積算計が動きだします。(スタート)
もう一度押すとストップします。(ストップ)
下のリセットボタンを押すと、全てがゼロになって針が戻ります。(リセット)
クロノグラフは多くの部品で構成されているので、とても繊細です。
スタートしたら必ずストップしてからリセットしましょう。故障の原因になってしまします。(衝撃による針ズレの問題)
もちろん、計測終了後にねじ込み式ロックをすることもお忘れなく。(防水の問題)クロノグラフはスポーツシーンでタイムを計測する時に非常に便利な機能です。
いわゆるストップウォッチの役割を果たしてくれます。
例えば、1,000m走のタイムを計測する場合を例に説明します。右インダイアルの30分積算計とクロノグラフ針をご覧ください。① スタート/ストップボタン、リセットボタンのねじ込み式ロックを解除します。
② スタートと同時にスタート/ストップボタンを押します(計測開始)。
③ ゴールと同時にスタート/ストップボタンを押します(計測中止)。
④ 30分積算計とクロノグラフ針で「2分43秒00」を指しています。
⑤ タイムを確認したらリセットボタンを押します(リセット)。
⑥ スタート/ストップボタン、リセットボタンのねじ込み式ロックをします。デイトナはベゼルのタキメーターというメモリを使って、車などの平均時速を計測することができます。デイトナは元はレーシングモデルですので、車の時速を測ってみましょう。クロノグラフ針とベゼルのタキメーターをご覧ください。① スタート/ストップボタン、リセットボタンのねじ込み式ロックを解除します。
② 計測したい地点、もしくは車がスタートした時にスタート/ストップボタンを押します(計測開始)。
③ 計測地点から1kmの地点でスタート/ストップボタンを押します(計測中止)。
④ クロノグラフ針が指すベゼルのタキメーターが75と74の間を指しています。
⑤ この画像の場合、時速74.5kmとなります。
⑥ 平均時速を確認したらリセットボタンを押します(リセット)。
⑦ スタート/ストップボタン、リセットボタンのねじ込み式ロックをします。