ロレックスやオメガ、損害保険でどこまで高級機械式時計は保証できるか?

高級機械式時計で加入する保険は屋外では携行品保険、家に居る時は火災保険で補償する事が一般的です。
携行品保険は通常旅行保険か自動車保険に付帯されています。旅行先、自動車で移動中などに突発的な事故等で時計に破損があった時に保障されます。
火災保険は自宅での火災を含む自然災害や盗難で時計に損害があった場合の補償される保険です。しかし保険は万能ではありません。
損害保険は大きく分けて賠償責任保険と財産保険になります。時計の保険は財産保険のカテゴリーに入ります。財産保険は出るケースが限られるため、加入契約の前に補償内容は掴んおく必要があります。
約款を全て読んで補償を確認するのは大変ですが、最低でも、『保険金が支払われない場合』という項目は読んでおくと良いでしょうね。年末年始を海外で過ごす予定の方も多い事でしょう。
その際、海外旅行保険の加入は検討する価値は十分にあります。保険の目的はメインが傷害保険です。しかしオプションで必ず勧められる物が携行品保険です。特に契約の際にロレックスを付けて行ったら「時計の破損も補償できますよ」と言われる可能性が大です。海外旅行では大活躍のGMTマスターⅡですが、保険代理店の方は見逃さないでしょうね。契約の際に携行品損害保険をすすめてくる可能性は大です。
このGMTマスタートケマーでは販売価格は未使用品112万です。お買い得ですね。仮に購入して3週間程で出国、現地で強盗盗難にあったとします。購入して3週間のほぼ新品、盗難届けも現地警察に提出して証明書も貰って保険会社へ請求します。通常の携行品損害保険では満額で10万が限界です。また置き忘れや盗難か定かでは無い紛失には支払いはありません。良く携行品損害保険は保障が50万となっているところも約款を読むと「1品あたり10万が限度で総額50万まで」という内容が殆どです。
つまり時計1個に付きどんなに補償内容を充実させてもオメガだろうとロレックスだろうとG SHOCKだろうと10万が限界なのです。しかし全損以外の破損、例えばサファイアクリスタルが壊れ、時計が止まる位の修理ならば10万以内で済む場合が殆どです。
一般的なロレックスの修理専門サイトで調べるとGMTマスターⅡのガラス破損のケースでおおよそ4万前後です。私が良く見る修理サイトの事例を紹介すると、作業は「風防の交換」と「ムーブメントのオーバーホール」です。ガラスが破損の場合殆どの場合、ムーブメント内に破損したガラス片が入るため分解して洗浄する必要があります。この場合は針の修理交換や夜光塗料の塗り直しを行い総額¥43000の事例でした。海外旅行の携行品の保険は比較的簡単に支払われる保険です。しかし、大切なGMTマスターⅡがもし、全損ならば全額は保障されません。全損になるリスクや盗難には十分注意して下さい。