世界最古の腕時計メーカーはどっち?

ウィキペディアによりますと、『ブランパンスーパーコピー』と『ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー』共に世界最古の時計ブランドと書かれています。これはなぜなのか、その真実を調べてみます。上の写真はブランパンスーパーコピーの創始者であるジャン・ジャック・ブランパンスーパーコピーです。公式HPには1735年には『世界最古の時計ブランドになります』と書かれています。こちらはヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー創業者、ジャン=マルク・ヴァシュロンです。公式HPでは1755年創業、『この雇用契約書をヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーの出生証明書とみなすことができ、こうして創業以来一度も系譜を絶やさず、また一度も第三者に経営を譲ることなく時を刻んできた世界最古のマニュファクチュールが誕生します。』となっています。公式HPの文面を見る限り、「一度も第三者に〜」という文面はブランパンスーパーコピーを意識しているのではないでしょうか?
過去に「世界最古」のフレーズの使用で他社と論争になった事があるかも調べてみました。これまでブランパンスーパーコピーとヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーの2社間で世界最古」のフレーズを巡り裁判や訴訟になった事はありません。しかしネットで、Philippe Du Bois &Fils(フィリップ・ドゥボワー)という時計ブランドと過去に法廷で争った事があるそうです。Philippe Du Bois &Fils(フィリップ・ドゥボワー)が世界最古というフレーズを使わないようにヴァシュロン社を訴えました。そのことに関して、ある時計ショップの店長さんが書いた、ブログでその「世界最古に関する記事」が書かれています。
その記事では1980年代にPhilippe Du Bois &Fils社がヴァシュロンに対して、世界最古の称号を使わない裁判を起こしたとされています。結果、ヴァシュロン社は裁判所から「世界最古」という肩書きを使う事を許されたされています。
しかし、なぜ裁判所はヴァシュロン社に「世界最古」の時計ブランドという肩書きを許したのでしょう?恐らく裁判所が重視したのは証明書の有無を重要したからでしょう。
ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピーが1755年にジュネーブ市に残した「雇用契約書」はヴァシュロン社も重視している事がHPから感じます。