手持ちのセイコー腕時計の製造年を全部調べてみた:シリアルナンバーの話【後編】

【全編】でも記載しましたが、こちらから読み始めた方のために…セイコー腕時計のシリアルナンバーは最初の1ケタ目が「製造年の下1ケタ」、2ケタ目が「製造月」、残り4ケタが「製造番号」となっています。腕時計は基本的に数年で廃版になることが多いため、モデルの大まかな製造時期がわかればこの方法で製造年月がわかるようになっています。おおよその製造時期は型番で検索すればだいたいわかると思われますが、逆輸入セイコー5のようにいつ頃発売開始されたのかよくわからないモデルも多数存在するため、その場合はムーブメントのキャリバーやバージョンなどもみて判断する必要があります。

製造月に関しては、10月は「O」、11月は「N」、12月は「D」で表されます。

以上の規則から所有している腕時計の製造年月を片っ端から調べてみよう…というきわめてシンプルな趣旨の記事です^^;ナンバーは「750814」。
こちらも結構長い間販売され続けているモデルですが、発売が2008年となっているため2017年5月の製造だと思われます。比較的古いモデルながら私の手持ちの中では一番新しく作られた個体ということになります。今年で販売終了した絶版のモデルです。ナンバーは「5N0057」。
2015年11月製造です。機種としてはSARB033より後発ですが、載っているキャリバーのバージョンは6R15Cで、こちらの方が1つ古い…。6R15Dに移行したのが比較的最近だということがわかります。