手持ちのセイコー腕時計の製造年を全部調べてみた:シリアルナンバーの話【前編】

セイコー腕時計のシリアルナンバーは最初の1ケタ目が「製造年の下1ケタ」、2ケタ目が「製造月」、残り4ケタが「製造番号」となっています。腕時計は基本的に数年で廃版になることが多いため、モデルの大まかな製造時期がわかればこの方法で製造年月がわかるようになっています。おおよその製造時期は型番で検索すればだいたいわかると思われますが、逆輸入セイコー5のようにいつ頃発売開始されたのかよくわからないモデルも多数存在するため、その場合はムーブメントのキャリバーやバージョンなどもみて判断する必要があります。製造月に関しては、10月は「O」、11月は「N」、12月は「D」で表されます。まずはセイコー5のベストセラーのひとつ、SNKE01から。

ちょっと読みづらいですが「510848」。つまり2005年、あるいは2015年の1月ということになります。

上にも述べた通り逆輸入セイコー5は何時頃発売されたのかがはっきりせず、特に長期間販売されつづけているものだとわかりにくいですが、ネット上のレビュー記事や販売サイトなどを調べた限り、2008~9年頃に発売されていると思われます。

また、搭載ムーブメントは「7S26C」となっており、このバージョンは2011年以降にマイナーチェンジしたタイプのようなので、2015年1月に製造されたモデルだと考えられます。シリアルナンバーは「4O0038」となっています。
型番的にSNKE01より新しいモデルであることを考えると、2014年10月と判断できます。
モデルとしてはSNKE01より新しいけど、製造年はこちらの方が一年古い。