【必ず知っておくべき!】傑作時計、伝説の名勝負!!

 「1960年代の終わりまでに人類を月に送る」。宇宙開発競争でのソ連に対する遅れを一気に取り戻すべく、米国ケネディ大統領は61年の一般教書演説でそんな無謀ともいえる計画をブチ上げました。この瞬間、ムーンウォッチの称号をめぐる戦いの火蓋も切られたといっていいでしょう。船外活動を行う宇宙飛行士には腕で正確な時を刻む時計は最重要ギアです。もし月面着陸が叶うなら、そのとき彼らはどんな時計をするのか?世界の時計好きの大きな関心事となりました。

 むろん未曾有の国家プロジェクト遂行中のNASAに、独自に時計を開発しているゆとりはありません。となると、メーカー既存モデルから最強の1本を厳選するのが唯一の選択肢です。そこで白羽の矢を立てたのがオメガ、ロレックス、ロンジンのクロノグラフでした。

 このうちロレックスは同時期に開発したクロノ=デイトナにコスモグラフの名を冠しており、宇宙(コスモ)で使われることに対し相当な自信と憧れがあった節がうかがえます。しかし、宇宙の11の極限状況を再現したNASAの試験は超過酷で、すべて耐えたのはオメガのスピードマスターのみでした。結果この時計が65年にNASA公式採用となり、遂に69年、アポロ11号の人類初の月面着陸に同行しました。

 なお、「月」では後塵を拝しましたが、今もデイトナはコスモグラフを名乗り続けています。これは人類が本格的に宇宙へ大進出したとき、改めて主役を奪取するという意味でしょうか。再び両雄激突する日は意外にに近いかもしれません。 高温&低温テスト、気圧テスト、耐衝撃テスト、加速度テストなど、宇宙空間で想定される11の極限状況を再現した過酷なプログラムを、スピードマスターだけが見事耐え抜きました。①もともとはカーレーサー用モデルで最初から宇宙を意識してはいませんでした。
②NASAのテストプログラムに唯一合格し、スピードマスターといえば「宇宙」というイメージになりました。
③いまだに手巻きにこだわり続けているムーンウォッチです。 ムーンウォッチとして有名ですが、タキメーターが象徴する通り、当初はモータースポーツでの着用を意識した屈強クロノグラフとしてデビューしました。今なおオリジナルと同じ手巻きムーブをラインナップしているのもファンのツボです。 人気・実力ともクロノグラフの王道と呼ぶに相応しい地位に君臨しています。①あくまでも推察ですが、「コスモグラフ」と名付けたということは、宇宙を目指していたかも。
②これも推察ですが、加えて「デイトナ」と名乗ったのはモータースポーツへの道も残したのかも。
③宇宙へは行けませんでしたが大人気となり、スポーツクロノグラフの代名詞的存在になりました。 よく考えるとコスモグラフデイトナとは、宇宙とモータースポーツを合体した不思議な名称です。じつは最初期の1960年代モデルにはデイトナ表記がないものも存在しています。もしかすると、月面競争に敗れ、レース色を強めていったのかもしれません。