ロレックスがノンポリッシュなのかどうか見極める方法!

今回の題材はこちら「GMTマスターⅡの黒青ベゼル」です。

ちょうど確実にノンポリと分かる個体と1回ポリッシュかけた個体があったので、
比較してみました。ただ、上の画像だけだと正直ポリッシュが入っているのか、
入っていないのかなんて一切分かりません。(ちなみにノンポリは左です。)

肉眼で見ても、言い切れる方は少ないと思います。触ると分かる!って方も中にはいらっしゃると思います。
エッジが立っているいないが分かりやすいですね。

ただ、この場合は3ポリとか入っている角が丸くなっているのだったら簡単ですが、
ライトポリッシュの1ポリとかだと判断は難しいでしょう。今回の比較も確実にノンポリと言い切れるものではありませんが、
確認箇所でポリッシュが入っている可能性が高いことは分かると思います。

それでは比較画像を見てみましょう!※ノンポリの方は普通に使用しているのでスレはあります。
ポリッシュ入っている方は、ポリッシュかけて使用していないのできれいです。まずはベゼルのエッジを見てみましょう。

写真だとパッと見そんな変わらない感じがします。

通常はベゼル側が鏡面仕上げで、ケース側がサテン仕上げになってます。
今回のはどちらも同じ仕上げですが、ひどいポリッシュ業者だと
どちらもポリッシュ仕上げになっていることもあるみたいです。稀な例ですが、上記の個体にはご注意ください。

ただ、上記の写真ですでに違いが出ているのがお分かりでしょうか。
ちょっと写真だと分かりずらいのでもう一枚撮りました。ベゼルのくぼんでいるところをご覧ください。

左がノンポリ。右がポリッシュの個体です。
左のくぼみは縦にサテン仕上げとなってますが、
右のくぼみはポリッシュになってます。比較しないと気づきませんよこれ。
実際腕に着けていると全く気になりません。

こんなもんかと感じてしまうレベル。
そもそもこういう仕様だと思ってしまうでしょう。