Wimbledon2017 のシングルス優勝は男女共にROLEX、OMEGAとTAGHEUERの戦略は?

WIMBLEDONテニスの記事を書いたばかりでしたが、今年のWIMBLEDONは少しびっくり、男女共にロレックスプレイヤーが栄冠に輝きました。
上の写真のムグルザもテニスに詳しい方は知っている選手でしょうが、僕は申し訳ありません、知りませんでした。というか、このロレックスのHPの写真は覚えがありましたが、表彰式の時の写真の彼女は髪をまとめて別人の様でした。一番上の写真はロレックスの公式HPで、上は世界中に配信された画像です。
ロレックスはこのWIMBLEDON女王に輝く以前から契約していた為、今回の大会は男子のフェデラーと併せて、ジュネーブの取締役室ではROLEX社の重役達が乾杯をあげていたでしょう。彼女はROLEXの公式HPでもROLEXに対する想いを語っています。
10代の頃から両親のROLEXを欲しがっていたと、そして彼女が選んだ【オイスターパーペチュアル デイトジャスト36】、女性らしい艶やかなモデルです。憧れの時計を現実の物とし、テニスの為に母国ベネズエラを家族と共に離れてスペインで成功を掴んだ彼女の【ストーリー】も、今回の優勝を彩ります。そして今回男子シングルスはロジャー・フェデラーが8度目の王者に輝きました。
35歳という年齢と何よりも、5年振りのWIMBLEDON優勝が彼のテニスに対する情熱を感じました。普通の選手であれば、5年間もこのウィンブルドンで優勝から遠ざかると、もう優勝できないのでは?と絶望感に包まれる筈です。
しかし、フェデラーは諦めずに、恐らく大会前の休養期間、徹底的に怪我の治療とその後のリカバリートレーニングをしてきたと想像できます。そしてこのフェデラーの優勝はROLEX、機械式時計のコンセプトと重なります。
定期的に手入れ(オーバーホール)すれば半永久的に正確な時を刻む、機械式時計と同じ姿です。フェデラーを始め、ROLEXが起用するアスリート著名人には公式HPにも書いている通り、【ストーリーがある】事が重要です。
ムグルザは幼少の頃、家族共に彼女のテニスの為に母国を離れる難しい決断をするというストーリーで、そのスペインへのテニス留学が現在の彼女のWIMBLEDONでの栄冠につながった事はROLEXのイメージにしっかりと当てはまります。これはメーカーのイメージ戦略として大成功と言える快挙です。