テニス ウィンブルドン(Wimbledon)大会のオフィシャルタイムキーパー ROLEX

2017年の7月3日よりテニスのグランドスラムトーナメントの中でも一番格式の高いWimbledon大会が開催されました。このROLEXデイトジャスト41が大会を開催するにあたり発表されたモデルです。ROLEXの定番である「ロレゾール」モデルで、ステンレススティールとのコンビが絶妙に調和された造りになっています。インデックスはローマン数字、Wimbledonの芝の色をイメージした緑を配色、大会を彩るモデルです。ROLEXはWimbledonのスポンサーと思われていますが、実は違います。公式HPでオフィシャルサプライヤーのリストにROLEXの名前はありません。オフィシャルサプライヤーは
【Slazenger】公式ボール、
【Robinsons】公式炭酸飲料、
【IBM】公式情報機器、
【Lanson】公式シャンペン
【Ralph Lauren】公式上着、
【HSBC】公式銀行、
【Evian】公式水、
【Lavazza】公式コーヒー、
【Stella Artois】公式ビール
【Jaguar Land Rober】、公式車輌
【Haggen-Dazs】公式アイスクリーム、
【Pimm’s】公式ジンの
計12社です。しかし、ROLEXのHPではオフィシャルタイムキーパーとして歴史は「1978年までさかのぼる…」と記載されています。
オフィシャルサプライヤーに企業名はありませんが、Wimbledon公式HPでもROLEXの企業名は写真でしっかりと掲載されています。HP内での『Start Time』という項目ではROLEXの大時計がボードに組み込まれています。
つまりWimbledonでは【普遍的な光景】であると言わんばかりです。この事からROLEXとWimbledonは通常のスポンサーの枠を超えたリレーション(関係)が感じられます。時間という、日常を正確に表示して、格式高い大会の雰囲気を保ち、さり気無く伝える事で、大会をサポートする姿勢はROLEXの社風、スポーツをサポートする姿勢もこれまでのROLEXの歴史を継承しています。あくまでROLEXはTime Keeper、『時計係』なのです。提供している物はお金では無く時計で、大会の時間表示・計測を管理している通常のスポンサーの枠を超えた関係であります。
コートや施設内に組み込まれた時計はもう、クラブの施設そのものなのです。