【事務機器だけじゃない】リコー(RICOH)の国産腕時計について知ろう!

事務機器・光学製品(カメラなど)を扱う国内の機械メーカー「リコー(RICOH」はおそらく多くの人がご存知だと思います。ですが、リコーが実は腕時計を作っている!というのは意外と知らないという方も少なくないのでは、と思います。今回ご紹介するリコーの腕時計は、正確には「リコーエレメックス」というリコーの子会社が製造・販売を行っています。リコーエレメックスは1921年に立ち上げられた「高野時計金属品製作所(タカノ)」という会社が前身で、数十年後にリコーが経営権を引き継ぐという経緯があります。腕時計も事務機器も精密機械という意味ではまったく遠くもないためか、機械メーカーと腕時計の相性はそう悪くもないようで、他に有名どころの企業でいえば電気シェーバーで有名なドイツのメーカー「ブラウン」なども腕時計を作っていますし、名前は知っているあの有名企業が実は腕時計も作っている!というのは意外とある話のようです。(なお、プリンタ等を作っているメーカー「エプソン」もセイコーの関連企業です)リコーの腕時計をユニークたらしめている特徴の一つとして、他にあまり例のない駆動方式が挙げられます。「電磁誘導無接点充電式(Rechargeable Electromagnetic Quartz)」と呼ばれるもので、携帯電話(スマートフォン)やゲーム機など、主に小型端末の充電にも使われている方式です。セイコー独自のムーブメント駆動方式である「キネティック(kinetic)」も専用の無接点充電器を使用することで充電を行えますが、自動巻きのように回転錘が動くことで単独でも発電を行えるキネティックとは違い、こちらのリコーのほうはシンプルに充電のみとなっています。太陽光や照明の光さえあればどこでも充電が可能なソーラー発電方式と比べると専用充電器が必須である分やや不便にも思えますが、同じように充電式であるスマートウォッチの方は基本的に接点充電が主流であることを思うと、腕時計としては他に例の少ない『レアな存在』と言えなくもない…のかも知れません。