【エレガントな大人の装い】SEIKOプレザージュ・カクテルタイムにニューモデル多数登場!

バーテンダー世界大会でチャンピオンになった「石垣 忍」氏がプロデュースし、2010年に発売されたメカニカルモデル、通称「カクテルタイム」。カクテルを注がれたグラスをイメージしたという気品のあるスタイルで、かなりのヒットモデルとなりました。そんな初代カクテルタイムについては以前書いて下さっているこちらの記事に詳しく紹介されています。ぜひご覧ください。メーカー希望価格:45,000円 + 税
ムーブメント:4R35
ガラス:ボックス型ガラス(ハードレックス)
横幅:40.5mm今回「プレザージュ」ベーシックラインから新たに発売される新型カクテルタイムは、初代カクテルから多々変更されています。まず最大の違いはムーブメント。初代カクテルには6R15が使用されていましたが、新カクテルには普及モデルに使われることの多い4R35が載せられています。日差精度や最大巻き上げ時間では6R系に多少劣りますが、そのぶん旧カクテルよりも定価では2万円ほど安くなっています。また、文字盤には「PRESAGE」のロゴが加わりました。これはカクテルだけでなく、今年発売のプレザージュ新モデルから入ることになったようです。その他、ケースの形状や特徴的な鋭いインデックスなど一目で違いがわかるような大きな変化はなさそうですが、りゅうずの形状がすり鉢状に変わり、ドレス的な雰囲気が増したように感じられます。