ブライトリングの01ムーブメントって何がすごいの?

こんにちは。

今回は今やブライトリングの代名詞と言える程、有名になった自社ムーブメント「01」についてご紹介したいと思います。2009年に「01ムーブ」が完成するまでブライトリングは供給されたムーブメントをチューニングしてケースに搭載することが多いメーカーでした。

もちろん、今でも全てのモデルが自社ムーブメントという訳ではありません。その供給されていた機械の中でも、1970年代に誕生したバルジュー7750は非常に有名です。

大量生産が可能(その分精度調整は難しいと言われています)組み換えは自由自在とあって各メーカーが利用していました。そんな中、ブライトリングが2009年に5年の歳月をかけて完成させたのが「01ムーブメント」です。

クロノグラフを得意としていたケレック社との共同開発とも言われています。ケレック社とは1896年創業のメーカー。

1997年にブライトリングに吸収合併されています。(それまでもブライトリングに多くの機械を供給していました。)さて、次項ではこのブライトリング悲願の自社ムーブメント「01」のどんなところがすごいのかを検証します。今回は画像としてトランスオーシャンを使用しています。

ムーブメントがシースルーバックで見えると共に防水も確保されたモデルです。①70時間パワーリザーブ

通常の自動巻きの時計では48時間程が多いので長いですね。

土日はずしていても月曜日使用できるのは嬉しいところ。②コラムホイール式クロノグラフ

アームやスクラッチ等の動作が安定します。ボタンの操作感が非常に良くなります。

これは私の主観ですが、クロノグラフのボタンをプッシュする際のキレ?がよくなるイメージです。