【個性強すぎ!】ロシア時計・ボストーク(VOSTOK)の謎めいた魅力

旧ソビエト連邦の国営工場が母体とされる「ボストーク(ロシア語で”東方”の意)」第二次大戦時代はソビエト軍向けの腕時計を製造し、ソ連崩壊後は民間企業として再編。2010年に破産し、権利は複数他社に渡ったようですがなぜか開発・製造は続けられており、今に至っています。(※ボストークという社名は1960年代に世界初の有人宇宙飛行を行った「ボストーク1号」から)

現在主流となっているメジャーブランドのウォッチデザインとは色んな意味で一線を画す個性的なデザインということもあり、世界(もちろん日本にも)熱心なマニア・コレクターが少なからず存在しているようです。パッと見は素朴というか、ちょっとあか抜けないというか…無骨で粗削り感ただよう雰囲気ですが、文字盤の「赤い星」やさりげなく主張するキリル文字、他の時計では見られないような大胆なイラストの使い方など、この”唯一無二感”が『人と被るのがイヤ』な腕時計ファン心理に刺さるポイントなのかも知れません。ロシア語がわからないので完全に見た目だけでいいな、と思ったものをチョイスしています。(公式オンラインショップより抜粋)ボストークのフラッグシップシリーズ「コマンダスキー(ロシア語で”司令官”の意)」

独特な回転ベゼルの目盛りが20世紀に発売されていた旧コマンダスキーの雰囲気を残しつつ、アルファベットを使用した比較的スタンダードなデザインで初心者にもとっつきやすそうです。

製造国を示す「MADE IN RUSSIA」の表記もなかなか見る機会がないだけに新鮮です。こちらもコマンダスキー「K-46」

白文字盤に赤い星がワンポイントで主張、表記もキリル文字が使われていてロシアっぽさが少し上がってます。12時位置の下にあるのは24時間計かな?コマンダスキー・クラシック。
軍用時計から始まったボストークらしく、戦車や軍艦、たなびくロシア国旗などが描かれた文字盤が個性的。クラシックシリーズというだけあってソ連時代に作られたモデルを思わせますね。