セイコー ワイアードに変化あり?年齢問わず評価評判いい腕時計【SEIKO・WIRED】

「WIRED(ワイアード)」は、若者(20~30代くらい?)をメインターゲットとしたセイコーのサブブランドの一つ。1~2万円台の比較的低価格のモデルがメインで、ソーラーおよびクォーツモデルが中心となっています。今までのワイアードは若者好みのしそうなカジュアル感の強いビジュアル…具体的には多面カットが施されたボックスガラスや多角形型ケースなど、派手目なシルエットを多用するイメージでしたが、新しいシリーズがいくつか増えてきて、中にはおとなしめのシンプルベースなデザインのものも少なからず目立ち始めてきています。30代以上のアダルト向けと言っていいくらい落ち着いたデザインが増えてきたことで、ワイアードはより幅広い世代をターゲットにしたラインに進んでいこうとしているのかも知れません。ワイアード内の各ラインナップから個人的に気になっているものを一本ずつ挙げてみました。2017年6月に発売されるニューモデル。ワイアードでは初となるデジタルウォッチです。このシルエットは昔セイコーから発売された多機能デジタルウォッチ「デジボーグ(※007が使用した事で有名)」からインスパイアを得たとされており、レトロメカニカルな風貌でありながら現代風にアレンジされたシルエットに仕上がっています。カシオのデータバンクやシチズンのアナデジテンプなど、密度感のあるメカニックなスクエア型ウォッチはいずれも人気なだけに、このモデルも人気が出そうな予感があります。ソーラー・クロノグラフモデル