【衝撃】バーゼル2017グランドセイコー セイコーがセイコーでなくなる日

国内腕時計メーカー『セイコー』が誇る、1960年誕生の高級ブランドが『グランドセイコー』だ。

コンセプトは、『最高の普通』『実用腕時計の最高峰』。

好きだなぁ。創業は1881年、服部金太郎が開いた中古時計を買取→修理→販売する『服部時計店』が始まり。

後の『セイコー』である。そしてグランドセイコーは、『GS』のロゴを掲げる、海外高級時計メーカーと肩を並べる日本代表ブランド。

『世界に誇る日本の精密技術=グランドセイコー』なのだ!機械式、クォーツに次ぐ第3のムーブメントである『スプリングドライブ』を採用。

現在も、他のメーカーがスプリングドライブを採用していないのはもったいない。

セイコーが供給を断っているのか?バーゼルワールドにて発表されるグランドセイコーの新作を、毎年楽しみにしているファンも多い。

海外メーカーとは異なる、独自の発想に期待が集まるのだ。

ファンが多いグランドセイコー。
さて、バーゼル2017の新作は??まずは、バーゼル2017の新作を見てみよう。

コンセプトの異なる3モデルだ。初代グランドセイコーの復刻モデル、『SBGW251、SBGW252、SBGW253』。
リミテッド2017コレクション。

これは、ファンも黙っていない。

オリジナルは35mmだが、復刻モデルは38mmで手巻cal.9S64。
上記3モデルは、プラチナ、イエローゴールド、ステンレスの3種展開。

雰囲気あるなぁ。次は、スプリングドライブ クロノグラフ GMT、『SBGC219、SBGC221、SBGC222』。

ブラックセラミックスコレクション。