異端の「9」 セイコー キネティック クロノグラフ 9T82 実機レビュー GSではない9

こんにちは。本題の前に少し豆知識を。セイコーのムーブメントの型番の四桁は上二桁がムーブメントのシリーズ、下二桁がバリエーションになります。かつては四桁全てが数字でしたが、1980年前後に改訂されて「二桁目が英字、それ以外は数字」になりました。そのうち一桁目が1~3はレディス用小型ムーブメント、4は共用小型薄型機、5~8がメンズ用でそのうち5と7はセイコーエプソン製、6と8はセイコーインスツル製を表しています。そして「9」はグランドセイコー専用、と言うのが基本ルールです。しかし一機種だけグランドセイコーに積まれていないにもかかわらず「9」を冠することを許されたムーブメントがかつて存在しました。キネティッククロノグラフ「9T82」です。異端の「9」、グランドセイコークォーツ用9F系ムーブメントと同じ「9」を冠するクォーツムーブメントは1998年にバーゼルフェアで発表されました。当時のセイコーエプソンの時計技術の粋を集め、一切の躊躇なく9Fと同じ機構を使用するフラッグシップとして設計された怪物です。9Fの特徴である「3軸独立ガイド」と「瞬間日送り機構」と「バックラッシュオートアジャスト」が採用されました。細かいところでは正確な時間あわせのために竜頭を一回転させたときの分針の送り量(約20~25分)と言う部分もGSと同じです。クロノグラフ機構もコラムホイールを使用し、ハートカムによる瞬間リセット機構を搭載しています。カムリセット式のクォーツクロノグラフは数社が出していますが、この形式は消費電力量が大きくなり電池への負荷が大きいと言う難点を抱えています。そのため一次電池(充電出来ない通常の電池)でこの機構を採用したのはジャガールクルトとIWCが共同開発した「メカクォーツ」とフレデリック・ピゲのCal.1270です。セイコーはこの電池寿命の問題を自動巻発電機構キネティックの採用で解決しようとしました。発電機構との組み合わせで消費電力の大きい機構を搭載可能にする、と言う考え方はシチズンが2004年に光発電機構エコ・ドライブを採用したカムリセット式クロノグラフE210系を発表している事と合わせて考えるとほぼ正解に近い考え方であったと思われます。