2016年バーゼルで、マイナーチェンジされたRef.214270が齎す影響を考察する

長年ロレックスを見続けて、改めて今回のバーゼルに思う。話題は、専らデイトナに傾倒しているがロレックスのアティチュードは決して新型の発表に留まらない。全体的なグレードアップに伴い、ディテールの変更を行っていく。むしろ、その変更箇所に依る処で新型モデルが発表される。僕の中では、アップル社に近いアティチュードにも感じている。もっとも、アップルの方がそのガジェット故の早さはあるけど。各キュレーターの方々や、様々なブログ等でも紹介されてあるので、今更僕がダラダラと記述するつもりはありません。今から考察する内容の為に、今回発表モデルの変更点をチェックしておきましょうWGのアラビアインデックスにも、再び夜光塗料がのるようになった。114270と同サイズほどのケース比べ短く細かったハンズは、太く長く変更された。