【ロレックス】スポーツモデルの誕生!!サブマリーナの始まり~成功ストーリー

“ダイバーズ”というカテゴリーの先駆者として、圧倒的な支持を得るのが通称【サブ】。
ダイビングに必須の防水性や視認性の高いダイヤル、逆回転防止ベゼルなど、
完璧な機能とスタイリングは、現在でも不変そのものだ。腕時計が市民権を得つつあった20世紀の初頭-。
この時代の中、在スイスの時計メーカーとしては後発組として1905年に産声を上げたのがロレックス社。創業者のハンス・ウィルスドルフは新規参入なゆえのメリットを生かすことで、強豪時計メーカーとは異なる戦略を明確に打ち立てた。ハンスの発想力と探究心こそが、ロレックス社のサクセスストーリーの幕を開けさせたのであった。

スイスの時計老舗メーカーが腕時計に精度や装飾を追い求めていた時代に、創業者のハンス・ウィルスドルフは早くから、“耐久性”や“防水性”というコンセプトで勝負しており、今でこそこれら2点は当たり前といえるスペックだが、当時は誰ひとりとして考えが及ばなかった、非常に画期的なアイデアであった。

なかでも“オイスターケース”と呼ばれる完全防水を実現した耐久性の高い時計ケースは、1926年にスイスのジュネーブやイギリスのロンドンで特許を取得した。
オイスターケースとは、無垢の金属塊からそのまま削り出して生成したケースにネジ込み式のリュ-ズを搭載したものを指す。こうすることで内部への水の浸入だけでなく、ほこりの侵入までをも防ぐことが可能となる、極めて優れた構造を持つことが可能になった。

だが、この優れたケースを用いて製品化を果たしたにもかかわらず、発売当時はすぐに大衆に迎え入れられたわけではなかったようだ。そこでロレックス社のとった作戦は、その防水性能を知らしめる広報活動だった。

1927年、イギリスの女性記者メルセデス・グライツが、ロレックス社製の腕時計をつけてドーバー海峡を渡りきったという有名なエピソードがある。15時間以上もかけてこの海を泳ぎきったという記事は、すぐさま新聞社に掲載されることになった。この記事はロレックス社製の時計が水に強いという印象を与えるには十分なインパクトがあり、この快挙をモチーフにした広告も作られるほどであった。オイスターケースが防水に優れているということは、程なく世に知れ渡ることになったのだ。

こうして、ロレックス=オイスターケース=高い防水性とういう構図が明確になっていく。ところで、オイスターケースはロレックス社のオリジナルアイデアではなく、オイスター・ウォッチ・カンパニー社(以下オイスター社)が開発したものを買い取る、あるいはオイスター社を接収することで特許を取得したとされている。しかしながら、ここきてまったく新しい説が浮上してきたのだ。

オイスター社製の時計に積み込まれているムーブメントの中でも、Cal.59にはロレックスの名前が英文で刻印されているものが相当数見つかっている。また、文字盤のデザインやインデックス、モデル名に使われている書体もロレックス社の製品と似ているし、バブルバックやセミバブルといった形状の時計がオイスター社製モデルには多い。こう考えていくと、チュードル社と同様に、オイスター社もロレックス社のPR的側面を持つ関連会社だったと仮定することができるのである。

確かにオイスター社製モデルにはデザインだけではなく、“エクスプローラー”といったロレックス社製のモデルとまったく同名のモデルが存在しており、その関係が密であることを匂わせる時計メーカーでもある。

オイスター社製モデルの多くは、北米市場から出てきている。30~40年代、ロレックス社はこのエリアでセールス的に非常に苦戦していた模様で、その打開策として安価な価格帯の時計を販売するオイスター社を設計したと仮定できるかもしれない。また、北米の気候的な特性から、耐久性に優れた腕時計も求められていたはずなのだ。優れた耐久性と防水性を発揮するロレックス社のオイスターケースを広めるために、社名そのものにケースの名前を謳っていたのかもしれない。

もちろん確かな情報がないので憶測ではあるが、広報戦略やマーケティング戦略に秀でるロレックス社が、チュードル社と同様に、オイスター社を設計することで本家ロレックス社の格上げを図っていたとの仮定には納得がいく。

結果としてオイスター社はその役目を終え、ロレックス社は高い耐久性と防水性を持つ時計を量産可能とする世界でも有数のウォッチカンパニーに発展していったのだ。回転式ベゼルを初搭載したサブマリーナの元祖的なモデル『Ref.6202』
製造年 1950年頃~1953年頃
サブマリーナの元祖的な位置づけとなるのがターノグラフで、ロレックス社初の回転ベゼルを搭載した記念碑的な存在だ。英文表記では「TURN-O-GRAPH」となり、回転するベゼルをアルファベットの“O”に見立てて、これを回すことで時間計算が出来ることを意味しているという。搭載されるムーブメントは自動巻きのCal.A260。ロレックス社が世界に先駆けて開発した全回転ローターを採用。
写真はごく初期と思われる、フィート表示が赤のモデルだ。創業者のハンス・ウィルスドルフの苦悩や歴史があってこそ我々は今ロレックスを楽しめています。
ロレックス社の謎はまだまだ沢山あります。
こういった歴史を紐解くことでよりロレックスが好きになっていくのではないでしょうか?