保存版 ロレックス 赤シードゥエラー(赤シード) Ref.1665 まとめてみました

近年価格高騰の著しいアンティークロレックス(ROLEX)!手巻きデイトナRef.6263、Ref.6265やミラーダイヤルロレックス(ROLEX)と共にスペシャルモデルとなりつつあるのがこの赤シードRef.1655!赤シードのマイナーチェンジをまとめていきたいと思います。シードゥエラーRef.1665はシードゥエラーのファーストモデル。
フランスの潜水会社コメックスの協力を元にダイバーズウォッチの1967年に開発されたのが、Ref.1665です。当時のサブマリーナーの約3倍の610mの防水性を達成することができました。1967年から1980年まで製造されていたそうです。

そのRef.1665のレアモデルとされているのが赤シードです!ちなみに赤シードは海外では double red sea-dweller といいます。
その人気の赤シードをまとめていきます。MARK1;最初期ダイヤル オープン6 通称ピンクシード
MARK2;レイルダイヤル(スターンダイヤル) センタースプリット オープン6 ブラウンチェンジしやすい
MARK3;オープン6 ブラウンチェンジしにくい
MARK4;クローズ6 一般的に普及しているダイヤル、ロレックス(ROLEX)の交換ダイヤルとして使用された最近ではMARK6まであるという噂も・・・・・・「SEA-DWELLER SUBMARINER 2000」の表記がピンクとなっています。ほとんど市場に出回ることはないモデルですね!2016年12月にはクロノ24で一本出ていましたが、価格は要相談とのことです・・・・・・・・・