パイロットウォッチの元祖カルティエを忘れていませんか?

カルティエはみなさまご存知の通り、フランスの高級ジュエリー・時計ブランド。顧客となったエドワード7世の言葉でもありますが

「Jeweller of kings , king of jewellers」訳すと「王の宝石商・宝石商の王」という言葉を頂いている、世界的に有名な名門ブランドです。現在ではリシュモングループの傘下となり時計ではジャガー・ルクルト(ここ重要)や、パネライ、さらにはヴァシュロン・コンスタンタンと同じ傘下になっています。時計はプロが使う計器として、何百年も前から。わたくしたちが生まれる前から大活躍されてきました。

例えばダイバー、鉄道員(ぽっぽや)…そして強い人気を誇るパイロット。

じゃあパイロットウォッチの元祖って何?はい、実はカルティエのサントスが元祖なんですね!

このサントス。生まれてから早100年が経っています。カルティエというとジュエリーやレザー用品に目が行きがちで、時計というと時計好きの方々からは敬遠されがちですが、実は老舗中の老舗。過去の偉大な飛行家といえばあのライト兄弟の名前を聞いたことのある方、かなり多いと思いますが、そのライト兄弟と肩を並べるほど有名だったのが

「アルベルト・サントス・デュモン」ライト兄弟が有名すぎて、若干影に隠れている感はありますが、生前にはヘリコプターの開発にも携わっており、航空業界では知らない人はいないほどの有名人です。