【時計雑誌を読み返す3】 ロレックス不在の時計グランプリ

昔の時計雑誌を読み返す企画、今回もおなじみの「時計Begin」からVol.4を中心に書いていこうと思う。「時計Begin」と言っても、当時はまだ、本誌Beginの臨時増刊号扱いで、名前も「おいしい時計まるかじり Vol.4」となってはいるが。今回のそれは1994年12月のもので、この年はF1パイロットのアイルトン・セナが事故死した年でもあり、また年が明けて1月には阪神淡路大震災が発生している。

22年も経つのか。さて雑誌の方に目を移すと、今回の特集は「おいしい時計グランプリ」各部門に時計を分けてそれぞれで賞を決めるというもの。これは今でも時計Beginで続いている名物企画である。せっかくなので今回はこの年にどんな部門でどの時計が受賞したのか振り返っていきたいと思う。ジラール・ペルゴのGPフラットが受賞

間違いなくスーツに合いそうな一本。当時の価格はSSケースで27万円となっており、買える、買えないは別として、今となってはお手頃感が漂う。この質感でこの値段は、今となってはもう無理だと思う。オメガ デ・ビル プレステージ・クロノグラフが受賞

今でも続くロングセラーモデル。飽きのこないシンプルなデザインはレザーストラップが似合うので、こちらもスーツの方が映えるか。