ロレックス GMTマスターⅡの使い方をどのサイトよりも分かりやすく説明します!

モデル名:GMTマスターⅡ
型番:Ref.16710
機械:Cal.3185
防水:100M
機能:GMT、デイト
補足:廃盤ベゼルの色は、「青×赤」、「黒×赤」、「黒×黒」の3種類。①両回転ベゼル
右にも左にも回転します。1分刻み(Ref.16710の場合)でカチカチと回転します。記載のある数字は24時間表記です。②短針(メルセデス針)
「時」を合わせる針。このモデルに関しては、GMT機能との兼ね合いもあるので、デイトの単独変更不可。リューズ(⑥)を一段階引いて短針を2周回すと日付が1日変わります。③秒針
今回は特に使いません。④GMT針
針の先にあるベゼルの数字が24時間表記を表しています。上記の画像だと針の先の数字は「10」なので、午前の10時を表していることになります。この針の単独変更はできません。長針(⑤)が回転すると一緒に回転します。⑤長針
「分」を合わせる針。⑥リューズ
このモデルは、ねじ込みロック式。時計と向き合って、リューズを6時側(下)に回すとパチっと飛び出ます。飛び出た状態から12時方向(上)に回すとゼンマイが巻けます。リューズを1段引くと、「短針」が動かせます。さら引くと2段目「長針」が動かせます。日本から海外へ行ったときには時差が発生しますね。その時差は行く国によって違います。現地について何もいじっていなければ、時計はそのまま日本時間を指しています。下記の画像の場合は10時です。