今更!人には聞けない!?ロレックス エクスプローラーⅠのい・ろ・は

いまやロレックスの定番ウオッチとして確固たる地位を築いたエクスプローラーは、ロレックスがスポーツウオッチを手掛けるようになった最初の頃に完成されたモデルです。

その中でエクスプローラーⅠはロレックスの特殊機能ウォッチとして1953年に誕生しました。エクスプローラーとは、ネーミングが示す通り探検家(エクスプローラー)をイメージして開発されたモデルです。

エクスプローラーⅠは人類未踏の地へチャレンジする探検家のために作られ、同じ年ロレックスの腕時計をつけた登山家エドモンド・ヒラリー卿率いる登山チームが世界初のエベレスト登頂に成功したという話は有名なエピソードです。

これがエクスプローラーⅠの実力を示すエピソードとしてロレックスは広告戦略として大いにアピールしたそうです。もはや説明不要ですが黒文字盤に針が3本あるのみといういたってシンプルなデザインです。

この究極なシンプルさゆえにオンとオフあらゆるシーンにマッチするスポーツタイプのロレックスの基本ともいえる腕時計なのが特徴です。仕事やスポーツは勿論、何事においても基本が大事ですしね。

また、探検家のために開発されたモデルなのでシンプルなデザインで頑丈に作られていて、衝撃に非常に強いのも特徴の1つです。

12時の位置には三角のマーク、黒文字盤に3、6、9の数字は、シンプルであるがゆえにどれだけ過酷な状況下でも高い視認性を有しているあたりが探検家を意識して開発されていると感じます。初代エクスプローラーとなったのが1953年発表のRef.6350です。搭載されているムーヴメントは、バブルバックムーヴメントのCal.A296になります。厚みがあるため裏ブタが若干膨らんでいるのが特徴です。

ちなみに文字盤にEXPLORERという文字が初めて刻まれたエクスプローラーはRef.6350ですが、その前にリリースされたRef.6098、6150、6298も同じムーヴメントを搭載しています。しかしドレス系の雰囲気が強いため一般的に「プレ・エクスプローラー」といわれてます。エクスプローラーのセカンドモデルといわれているのがRef.6610です。

その製造開始年は諸説あり1955年や1959年とも言われています。ムーヴメントにCal.1030を搭載しており、両方向巻上げ方式を採用したことで巻き上げ効率が大幅に向上したことが初代からの最も大きな変更点になります。

こちらのRef.6610は、Ref.6350とともに針とミニッツインデックスがゴールドになっているのが特徴的です。