機械式時計の基礎知識 防水表記のホントの意味

時計の文字盤に30m防水と書かれていても、実際は30mまで潜水して活動出来るという訳ではありません。 ここでは具体的にどこまで使用できるかの目安を紹介します。防水表記を誤って解釈したまま使用すると、ケース内部への水の浸入など、取り返しのつかない事態に発展する事になるので注意が必要です。①自分の腕時計の正しい防水性能を把握する。
⇒万が一の無いよう、しっかりと把握しておきましょう。

②ネジ込み式リューズがしっかりと締まっているか確認する。
⇒水が浸入する原因となります。確認する癖をつけておくと安心です。

③水中や濡れた状態では、リューズ(クロノグラフの場合はプッシュボタンも)を操作しない。
⇒基本的に水中で操作を使用するように設計されていません。水を侵入させる入口を自分で開ける行為の為、絶対にNGです。30~50mと表記された腕時計の防水性能は『日常生活防水』に分類されます。この防水表記は、実際に30mまでの潜水活動が可能というわけではないので注意が必要です。30m防水=3気圧防水
基本的には『雨に濡れる』・『防汗』』程度まで耐えられる仕様です。
30mまでOKな体で活動すると故障の原因になりますので注意しましょう!!