見つけたら即買!ロレックス エクスプローラー1&2の旧型おすすめモデル

まずはロレックス エクスプローラー1(EXⅠ)から『ブラックアウト』のご紹介です。時計好きの方なら知っている方も多いと思いますが、ブラックアウトのレアポイントは文字盤のインデックスで3・6・9の数字内に白いラインが入っていないものを『ブラックアウト』といいます。Ref.14270のブラックアウトはE品番とX品番の初期生産分のみ生産されておりタマ数もすくないレアなモデルです。続いては同じロレックス エクスプローラー1(EXⅠ)Ref.14270から『先端ドット』のご紹介です。上記画像を見て頂けるとわかるように、秒針の夜光ドットがやや外側によっているのが通称『先端ドット』とよばれる個体です。ロレックス エクスプローラー1(EXⅠ) Ref.14270 の他にサブマリーナRef.14060などにも見られるこの特徴は90年代前半(初期)に見られるもので、注意深く見ないとなかなか気づきませんが、希少性・将来性ともに十分なレアアイテムです。実際の販売価格に関しては今のところノーマルと比べても大きな差はありませんが、今後注目されていけば将来、価値のあるものとして評価されるかもしれません。それにしても、、、最初に気づいた人もすごいですね。笑